1. 「日陰と太陽の光が作る美しいサッカーコート」紫外線を気にせず外で遊べるキャンペーン

「日陰と太陽の光が作る美しいサッカーコート」紫外線を気にせず外で遊べるキャンペーン

 夏は、冬に比べて皮膚がんのリスクが大幅に高くなります。特に北欧のスウェーデンでは、紫外線に対する抵抗力が低いせいか、2000年から現在まで皮膚がんになる患者の数が2倍にも増えています。

 そのため、子供たちは11時から15時まで外にでないように指導されています。子供たちにとって、外で遊べないのは辛いことでしょう。そこで、この問題を解決するために考えられたアイデアが「Play in the Shade」です。早速、その内容を画像と動画で紹介していきます。
 「Play in the Shade」は、その名の通り「日陰で遊べる」ということ。夏の期間は、日陰を利用してサッカーフィールドを作ってしまおうと考えたのです。
 この日陰のおかげで、子供たちは日射しの強い時間帯でも遊ぶことが可能になりました。さらに、皮膚がんにかかる患者数も軽減することができ、「Play in the Shade」はスウェーデンの医療にも貢献しています。


 もちろん、太陽を浴びることは健康にいいことですが、浴びすぎると皮膚がんのリスクが上昇します。しかし、子供たちは「外で遊びたい」という願望を持っているもの。そんな夢を実現してくれたのが、「Play in the Shade」です。


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する