1. CDが売れなくなったらレコードが売れ始めた!きゃりーぱみゅぱみゅもレコード盤に着手!

CDが売れなくなったらレコードが売れ始めた!きゃりーぱみゅぱみゅもレコード盤に着手!

  • 6413views
  • 0fav

 中高年には懐かしいレコードの人気に復活の兆しがみえる。往年の名盤だけでなく、新譜をレコードで出す若いアーティストも出てきた。再燃する人気にあやかろうと、高級プレーヤーを発売したり、都心部へ専門店を出店したりする動きも活発になっている。

出典: 再燃、レコード人気 生産が増加・Perfumeも新譜:朝日新聞デジタル
 今、レコードが熱いです。CD不況の中、レコードの売り上げは増加していて、日本レコード協会によると今年1~5月のレコード生産は11万枚で、前年同期より23%増えたそうです。

きゃりーぱみゅぱみゅのレコード盤が発売されいてる!?

レコードショップに行き、ビートルズやローリングストーンズ等の中古のレコードを求める人が急激に増加しています。名盤と言われているレコードが復刻盤という形でも販売しており、中年層を中心にレコードにハマっているのです。
 
さらには、なんと中年層だけでなく若者の中にもレコードにハマる人が増加中。現在、新譜としてのレコードも生産され、きゃりーぱみゅぱみゅ、木村カエラ、Perfume、などの人気アーティストも自身の曲をレコード盤として発売しています。これらのアーティストによって、レコード世代ではない若者もレコードと触れ合うきっかけになっているのです。

また、HMVは、CD不況により2010年に渋谷店を閉店しましたが、2014年8月、渋谷に今度はレコード専門店をオープンさせました。

1度衰退してしまったレコード業界が、再び輝きを放っているのです。

音楽に懐かしさや温かさを求め始めた

レコードブームが再来している主な理由として、デジタル化した音楽が溢れている中、レコードの懐かしさや味のある音、温かさを求める人が次々と増えたことがあります。中年層にとって、レコードとは音自体の魅力は勿論、レコードしかない音源が聴けたり、思い出に浸ったりなど、様々な楽しみが詰められているのです。

若者にとって、耳がデジタルの音楽に慣れているので、レコードの音というのは斬新。また、音だけでなく、レコードはジャケットが大きいので好きなアーティストのダイナミックなデザインを楽しむこともできます。


CDのせいでレコードは衰退したのに、今はCDが売れなくなってレコードの売り上げが増えている、というのはおかしな話のようにも思えるでしょう。当然、売り上げ枚数自体はレコードよりもCDの方が圧倒的に多いですが、これからの音楽業界で必ずしもデジタルばかりが重視されていくとは限らないようです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する