1. 【GREEもInstagramもパラレルキャリアから生まれた!】パラレルキャリアという働き方

【GREEもInstagramもパラレルキャリアから生まれた!】パラレルキャリアという働き方

  • 23284views
  • 1fav

 
 残業代ゼロ法案が推進されるなど、時代の流れは終身雇用制から裁量労働制にシフトしつつあります。また、転職市場は求人数が前年比17.2%増となるなどかつてないほどの買い手市場となっています。そんな中、新たに出てきたのが「パラレルキャリア」という働き方。では、一体どのようなものなのでしょうか?

■1人が何枚も名刺を持つ時代?!パラレルキャリアとは

 パラレルキャリアとは簡単に言うと、ビジネスパーソンが本業を続けながらもう1本の軸を持って活動して、何らかの対価を得ることです。「自分のやりたいこと」や「挑戦したいこと」を本業の傍らで行えば良いのです。趣味に関するECショップを運営するも良し、土日にNPOに参加するも良しです。

 では、わかりやすいよう実際のパラレルキャリアの例を挙げてみましょう。

GREE株式会社 

 売上1600億、営業利益800億の急成長企業としてGREE株式会社。実はこの会社、元々は現社長の田中良和氏が楽天で働きながら個人で立ち上げたサイトが始まりだったのです。急成長を遂げ、田中氏は楽天を退社後に法人化しました。

Instagram

 ユーザーが最近2億人を突破した大人気写真投稿アプリ、Instagram。今となってはFacebookに10億ドルで買収されるほどの規模となりましたが、元々は収入0円のアプリだったのです。創始者のケヴィン・シストロム氏は本業のマーケティング業の傍ら、夜間に独学でプログラミングを学び立ち上げたというから驚きです。まさにパラレルキャリアと言えるでしょう。

■なぜ今パラレルキャリアなのか

 今、終身雇用制が形骸化しているのは紛れもない事実です。つまり、1つの仕事に一生従事するということはほぼ有り得ないのです。また、元気である限りなんらかの仕事や活動をする時代になってきており、仕事に対する価値感も変化してきています。ただ生活のために稼ぐ手段ではなく、いかに自分を磨き、心を豊かにするかという軸にシフトしつつあるのです。そういった意味でパラレルキャリアは、いくつかの仕事を横断することで様々な可能性を切り開けるという、現代に合った働き方であると言えますね。

■自分のやりたいことはやった後でしかわからない

 やりたいことが見つかってから、計画して期間を決めて実行しようなんて考えている方も多いのではないでしょうか?でも、自分のやりたいことなんて自分の欲求なのですから、実感を伴わなければ判断できないのではないでしょうか?つまり、「やりたいことは頭でいくら考えても、実際に体を動かさなければわからない」はずです。そのためにもやってみたかったことや好きなことをまずは行動に移してみること、これが一番大切なことですね。

 
 会社に勤めている以上、本業ではある程度会社のミッションに照らし合わせて行動しなければなりません。自分で自分のモチベーションをコントロールしなくてはならないのです。一方で、パラレルキャリアであれば自分自身の志で自分自身のビジネスを創り上げることが出来ます。やってみた結果で自分のやりたいことが少しずつ洗練されてくる、自分の人生に納得できる働き方、これこそがパラレルキャリアなのです。今好きなこと、やってみたかったことがある方は、是非この機会に始めてみてはいかがでしょうか? 

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する