1. 手書きデータの即電子化は当たり前になる!?新たなメモの形を提案するサービス「eQuil」

手書きデータの即電子化は当たり前になる!?新たなメモの形を提案するサービス「eQuil」

 スマートフォンのメモアプリは様々ありますが、書く時は手書き、管理はスマホが良い。そう思っている人は多いのではないでしょうか?それを実現してくれるのが「eQuil」というサービス。手書きで書いたものが即電子化され、スマホ・タブレット上で管理できてしまうのです。

手書きデータが即電子化!?夢のようなサービス「eQuil」

 「eQuil」に必要なのは、専用のペン、読み取り機、アプリの3つだけ。それ以外に必要なものはありません。
 読み取り機をメモ帳の上に置いた状態でアプリ起動し、専用のペンでメモを書いていくだけ。面倒な準備がなく、簡単にメモが電子化されていくのは良いですね。これなら誰でも使いこなせるでしょう。

電子化されたメモのシェアも簡単!

 電子化されたメモのシェアも簡単に出来てしまうんです。操作も簡単で、このボタンを押すと、
 シェアする先を選ぶことができ、あとはシェアしたい場所を選択するだけ。
 とても簡単にデータを送ることができるので、特にこれといった知識も必要ないのもいいですね。

データの編集もラクラク!

 電子化されたデータも簡単に編集可能。例えば、メモとメモの間に新しく何か書き込みたい場合は、
 データを枠で囲って、
 下に動かしていくだけ。
 あとは新しいページに読み取り機を置き、また書いていく。
 そうすれば、メモとメモの間に新たに文章を書いてしまうんです。メモを消しゴムで消すという動作もないので、メモも汚くならずに済むでしょう。


 手書きのデータが即電子化され、かつ編集も簡単にでき、シェアも出来てしまうというから驚きです。現在、eQuilのスマートペンは149.99ドルで販売しているので、実際に使ってみて、そのスゴさを体感してみては?

<スマートペンの購入>
<アプリのインストール>

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する