1. 川内原発再稼働秒読み!原発の有無は私たち国民にどう影響する?

川内原発再稼働秒読み!原発の有無は私たち国民にどう影響する?

  • 1809views
  • 0fav

 今回、原発ゼロという方針が撤回されることを象徴するような出来事が起きました。それは、今まで停止されていたはずの原子力発電の再稼働に繋がるものです。詳細は以下の通りです。

原子力規制委員会は16日の定例会合で、九州電力川内せんだい原子力発電所1、2号機(鹿児島県)の安全対策が新規制基準に「適合している」とする審査書案を了承した。

 九電の安全対策に規制委がお墨付きを与えたことを意味し、同原発は、再稼働の前提条件である安全審査に事実上、合格した。合格は全国の原発で初めて。残る審査手続きや地元の同意などを経て、川内原発は秋にも再稼働する見通しとなった。

 規制委は今後、安全審査を申請中の関西電力高浜原発(福井県)など残る11原発17基の審査を加速させる。

出典: 川内原発、規制委審査に「合格」秋にも再稼働へ : 科学 : 読売新聞 ...

つまりどういうこと?

 上記のニュースで分かる事は、東日本大震災の津波被害によって生じた原子力発電事故を受けて風潮となっていた、原発ゼロの方針を完全に切り替えたということです。政府は、2013年9月から原発を全て停止させていました。

 しかし、今回川内原発が新しい安全基準に適合したことで、今年の秋ごろから原発が再稼働される見通しです。

国民が受ける影響は?

 原発というと、地方にあってビジネスマンには関係のないものであるというような印象を持っている人は多くいるかもしれません。原発があることによって原発が配置された地域の人たちが経済的な利益を得るということはご存知のことでしょう。では、一体私たちは原発がないことによってどのような影響を受けているのでしょうか。

 原発がない地域には、原発に反対する声が多いと言われています。しかし、私たちは一概に反対できないような状況にあるのかもしれません。

 原発が稼働していない場合、私たちの生活に大きな影響があります。原発が稼働されない場合は、代わりに火力発電が多く使われるようになります。その結果、安定した電力の配給が出来なくなったり、地球温暖化の原因となる物質が排出されるようになったり、大気汚染の原因となる酸化物が発生してしまうと言われています。

 
 原発がない=安全な生活とは言い切れない現状がここにあります。確かに、安全がなければ、私たちは生きる事すらも難しいです。しかし、経済面が豊でないと巡り巡って私たちの生活を脅かし、命にさえ関わる問題になってきます。原発の有無は、安全面を優先させるか、経済面を優先させるかという究極の選択であるとも言えるでしょう。しかし、私たちは決断をする必要があります。何がどう私たちに影響していくのかを、じっくりと考えてみてくださいね。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する