1. 【書評】ライフネット生命COO岩瀬氏が贈る新入社員のバイブル【入社1年目の教科書】

【書評】ライフネット生命COO岩瀬氏が贈る新入社員のバイブル【入社1年目の教科書】

 期待と不安が入り混じる、入社1年目の新入社員。もがき苦しみながらも、どうにか自分の価値を出し、企業に貢献したいと思うところです。仕事は自分で生み出すもの、ならば、社会人としての心構えも自ら学んでいきたいもの。

 今回のご紹介するのは「入社1年目の教科書」(岩瀬大輔/著)という1冊。著者は、外資系コンサルティング会社、米国のベンチャー企業の日本法人、投資ファンド、そして現在ではライフネット生命保険の代表取締役社長を務める岩瀬大輔氏。本書では、ベテランも新人も、今日から仕事への取り組み方や考え方がすぐに変わり、一生役に立つ指標を大きく「3つの原則」として紹介されています。

原則1「頼まれたことは、必ずやりきる」

出典: 岩瀬大輔(2011) 『入社1年目の教科書』 ダイヤモンド社

 部下の立場になると、催促しない限り頼まれた仕事に手をつけない部下が思いのほか多いとのこと。たしかに自分が上司の立場を想像した場合、超優秀であっても仕事を疎かにする部下よりも、秀でてはいないものの頼まれた仕事に対して責任を持ち、必ずやりきる部下を信用するでしょう。

 さらに本書では、仕事をやりきる姿勢が認められ、周囲からの信用が積み重なっていけば自ずと仕事を任される立場となるため、結果的には経験値が蓄えられるとも述べられています。今の自分は果たしてできているだろうかと、少し背筋が伸びる内容です。

原則2「50点で構わないから早く出す」

出典: 岩瀬大輔(2011) 『入社1年目の教科書』 ダイヤモンド社

 ビジネス現場で求められることは良い結果を出すことはもちろん、その”スピード”が重要になると述べられています。たとえば、1ヶ月かけて100店のものを提出するよりも、1週間で50点のものにして一旦提出します。その後、上司や先輩のアドバイスを受けて改善・軌道修正を繰り返し100点に近づける方が、効率的だということです。

 このポイントは、完璧主義の傾向がある方は特に注意が必要ですね。細部までこだわりすぎるあまり、納期に間に合わないようでは本末転倒。ビジネスは一人で完結するものではないため、周りをうまく使う思考が大切なのでしょう。

原則3は「つまらない仕事はない」

出典: 岩瀬大輔(2011) 『入社1年目の教科書』 ダイヤモンド社

 資料の書き写しやデータ入力といった一見、単調に見える仕事でも、プロ野球選手の素振りのように考え、負荷をかけることで自分を鍛える仕事と捉えることが必要だと述べられています。

 意味のないように思える上司の指示や雑務でも、それは仕事の一部。仕事の大小をつけているのは誰でもない、自分なんですね。


 「3つの原則」を見てきてわかること、それは入社1年目の社会人とって大事な心構えは 「当たり前を、当たり前にできるようになること」。仕事において大切なのは、優先順位付けとよく言いますが、当たり前のことをできることが前提なのだと思います。

 そのような新入社員としてではなく、1人の人間として成長させてくれる本書は、1年目のバイブルとして側に置いておくと良いでしょう。新入社員の方は肝に命じる思いで、ぜひ一読してみてください。 

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する