1. 「あとで読む」が新聞に!?「Paper Later」が情報収集に革命を起こす!

「あとで読む」が新聞に!?「Paper Later」が情報収集に革命を起こす!

 読みたい記事に「あとで読む」を押したけど、結局記事が読めてない…。そんな人は多いのではないでしょうか?そんな人のオススメしたいのが「PaPer Later」というサービスです。

「あとで読む」が新聞になって届く「Paper Later」

 「Paper Later」は、あとで読むを押した記事を新聞にして届けてくれるサービス。記事が積ん読状態になっている人にはピッタリ。新聞を1部印刷するのにかか費用は、4.99ポンド(870円)ですが、自分に必要な情報だけが載っている雑誌を買っているとイメージすると安く感じるかもしれませんね。

いつもと同じ感覚で!「あとで読む」ボタンを押す

 使い方も非常にシンプル。いつもと同じ感覚で、読みたいと思った記事に「あとで読む」ボタンを押すだけ。
 「Save for PaperLater」を押せば、どんどん保存されていくので、どんどん記事を保存していきましょう。

注文から3日〜5日後には新聞が届く

 記事が溜まってきたな、と感じたら印刷しましょう。3日〜5日程度で自宅に配達されるらしいので、その間もどんどん保存しておくと良いかもしれません。

 実際にどういった新聞が届くのか、もっと具体的に知りたい人は下記の動画を見て下さい!


現在は英国展開のみ!日本での展開が待たれる…

 どうですか?使ってみたくなりましたか?今までにありそうでなかったサービス「Paper Later」ですが。現在は英国での展開のみ。ただ、英国以外でのサービス展開も考えているらしく、日本での展開はそう遠くない未来かもしれません。

 すごく気になったサービスだし、使ってみたいという人はHPの下記の招待所をリクエストする欄があるので、アドレスと住んでいる国を入力してリクエストしておきましょう。この人数が多ければ多いほど、早く日本展開が実現されるかもしれませんよ。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する