1. ”非モテ男性”がやりがちな残念すぎるクールビズのファッション例

”非モテ男性”がやりがちな残念すぎるクールビズのファッション例

  • 22090views
  • 0fav

 暑い夏が近づき、ビジネスマンにはクールビズの季節がやってきました。クールビズに加え、スーパークールビズも推奨されるようになり、ビジネス界にもファッションの幅が広がってきましたね。しかし残念なことに、ファッションの幅が広がれば広がるほど増えていくのが「ダサい」ファッションです。ここでは、そんな残念すぎるダサいクールビズファッションを紹介していきます。

実はダサい半袖ワイシャツ

 クールビズだからといって安易に半袖のワイシャツを着てしまっていませんか?しかし、実は非モテファッションだったのです。特に危険なのは半袖のワイシャツにネクタイを合わせたコーディネート。このファッションはダサすぎると女性からは批難の嵐です。

 では長袖のワイシャツにすれば良いのかと思ったあなた。実はそれも非モテファッションなのです。女性の中では、意外にも長袖ワイシャツを腕まくりしている姿が不評のようです。

バブリーな襟が立ってるポロシャツ

 ポロシャツはクールビズやスーパークールビズには手軽なアイテムとして支持を集めています。動きやすく、値段もリーズナブルで、Tシャツほどカジュアルでないことが多くのビジネスマンの強い味方です。

 しかし、そんなポロシャツも着方を間違えると即、非モテファッションになってしまいます。それは、ポロシャツの襟を立ててしまうというもの。バブル時代の栄光を引きずってるの…?なんて厳しい意見も多くあります。バブル時代に青春を送った人にありがちです。

勘違いセクシーファッション

 これは本人に自覚があるのかないのかは分かりませんが、よくやってしまいがちな非モテファッションの代表格です。

 暑いからといってシャツの胸ボタンを開けすぎてしまっていたり、下着を着ていなくて肌が透けていたり…本人はセクシーだと思っていても、実はコレ、迷惑です!女性にとって男性が胸ボタンを開ける限度は第2ボタンまでなら許せるとのことです。

シャツから見える肌着

 セクシーな肌透けファッションが非モテファッションであると言いました。しかし、シャツから透けている肌着にも非モテ要素がたっぷりあります。

 シャツの下にTシャツのロゴが透けていたり、首元からシャツがチラッと見えていたりしていませんか?さらにはランニングシャツが透けているのが許せないという声も多数あります。

アンバランスなビジネス仕様

 最後に紹介したいのは、クールビズに血迷うビジネスマンにありがちな、ちぐはぐなクールビズファッションです。

 例えば、半袖のシャツを着て短パンを履いているのに、なぜか足下が暑苦しい革靴ローファーであったりというファッションです。いくらクールビズとは言っても、統一感は絶対に重視されなければならないポイントです。カジュアルになりすぎたかなといって足下をビジネス仕様に引き締めなければ!なんてことはありません。あくまでも、バランスの取れたファッションを心がけましょう。


 実はダサいと思われているクールビズファッションはこんなにも多くあるのです。心当たりはありませんでしたか?出来ることなら、格好良いモテクールビズを目指したいですよね。是非、身の回りにいる格好良い男性や雑誌を参考に、モテファッションを目指してみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する