1. 眠気がヤバい!そんな会議前に一瞬で集中力を高めることが出来るとんでもない方法

眠気がヤバい!そんな会議前に一瞬で集中力を高めることが出来るとんでもない方法

  • 14256views
  • 1fav

by jetalone
 「絶対に起きてなければいけないのに、どうしても眠い…!」色々な場面において、そんな思いをしたことがある人は多いのではないでしょうか。特に困るのが、大事な会議の前です。眠気というのは、気持ちではどうにもならないこと。無理に目を開けようとしたりすると、かえって変な顔になっていたりすることはよく起こりがちです。

 それは会議前に限らず、会議中でも同じこと。眠気に襲われると集中力も途切れて仕事どころではなくなってしまいます。ビジネスマンとして、そのような状態で会議に望むのはよくありません。

 ここでは、ビジネスマンが眠気に打ち勝つために覚えておきたい、一瞬で眠気が覚める方法をご紹介していきます。

足と手の指を動かしまくる

 まず始めに手軽にできる対策術として、手足の指を動かしまくるということが挙げられます。こんなので本当に効果があるのかと思う人もいるかもしれませんが、侮る事なかれ、これが意外と効くのです。

 体の末端部分を活発に動かすことによって血液の巡りが良くなり、脳に酸素を送ることになるので目が覚めるということなのです。これは、デスクで座りながらでも手軽にすることが出来るのでオススメです。

 ただし、そこはあまり多くの人に見られないように気を付けましょう。手軽にできるものの、あまりもじもじしていると逆に不審がられる可能性があるからです。手の指の動きなどは、傍から見たら気持ちの悪い動きですからね。

限界まで呼吸を止める

 これも、いつでもどこでも手軽に出来る方法です。眠気は脳に酸素が足りない状態で陥るものですが、あまりにも酸素が足りない状態になると逆に目が覚めるようになるそうです。これはそれを利用した、一気に眠気を飛ばす方法の1つなのです。
 
 やり方は簡単。眠くて仕方がないという時に、もう限界だというところまで息を止める、それだけです。ここで注意しなければいけないことは、当然ですが、窒息するまで息を止めないということです。ただでさえ酸素が足りていない状態なので、少し無理をするとすぐに酸欠状態になってしまいます。眠気を飛ばすために、無理のない範囲で踏ん張ってみましょう。

すね毛を抜く

 次は、自分の体を痛めつけて眠気を覚ますシリーズです。これは男性に限られてしまうのですが、眠気を一瞬で覚ますためにはすね毛を抜くということがかなり有効です。

 周りの目もあってデスクではできないので、トイレの個室でなど人目につかないことろでするのがいいでしょう。重たいまぶたも一気に軽くなりますよ。すね毛だけではなく、腕毛や鼻毛でもよいでしょう。ピリッとした、そして涙がでるほど鋭い痛みが一気に眠気を飛ばすことになります。


太ももを真っ赤になるほどひたすら叩きまくる

 眠気に一番有効なのは、やっぱり「痛み」なのではないでしょうか?自分に痛みを与えると、一気に眠気が吹っ飛びます。

 そういう時に、眠気をさまそうとして顔を叩くのはあまりスマートではありません。なぜなら会議前なので、叩いて赤くなった顔で会議に臨むことになるからです。ではどこを叩くのが一番良いのか、そう、太ももです。

 太ももであれば赤くなるのがそこからは見えないですし、足を叩くことでより全身が引き締まって気合いも入ります。リングに上がる前の格闘家のように、会議に臨む前にはしっかり眠気を飛ばして気合いを入れていきましょう。


 いかがでしょうか。眠気というのは、そう簡単に飛んで行くものではありません。会議前という重要な場面においては、当然のように即効性のある対処法が必要となります。以上で紹介した方法は、どれも効果のあるものばかりですので、眠気に負けそうな時はぜひ試してみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する