1. 会社依存のビジネスマンはイケてない!新しい働き方を提案する「新・働き方のススメ」

会社依存のビジネスマンはイケてない!新しい働き方を提案する「新・働き方のススメ」

  • 5886views
  • 0fav

by josemanuelerre
 いまソーシャルメディアを中心として、いわゆる大企業的な働き方をすることに対して多くの疑問の声が上がってきています。業界全体の業績悪化を受けて、名前が知れ渡っているような大企業でも次々と赤字を出して社員切りをすすめるなど、例え超大企業だとしてもそこで安心して働けるような環境は次第になくなりつつあります。

 最近はIT系の企業が徐々に勢いを伸ばしていていますが、そういった企業から今までの純日本的な働き方は変わりつつあります。年功序列が根強い会社、いつまで経ってもトップダウンの仕事かできない会社などは、今の時代もはや古臭いとも言えるのです。

 大企業でさえ倒産の危機がある現在において、会社にしがみついて働くのはどうなのでしょうか。中には、会社依存にならないビジネスマンがこれからは勝ち残っていくのではないだろうかという見方も強まってきています。

 いまはフリーランスを代表として、新しい働き方というものが次第に注目を集めています。ここでは会社勤め・フリーランス関係なく、新しい働き方をするためにはどうすれば良いのかということをご紹介していきます。

自分が仕事に求めるものを明確にすること

 まず始めに知っておきたいのは、「新しい働き方」という言葉が「独立」を指しているのではないということです。会社に勤めていても今までとは違った働き方を選択することはできます。

 では、今までとは違った働き方とはなんなのでしょうか。その1つの解釈として 「自分の意思を持った上でそこに対して最適な働き方ができているか」というのを考えることであり、それを実行することが挙げられます。今までのように、会社の言いなりになっているような働き方ではダメだということです。

 そのためには、自分が仕事に求めているものを明確にする必要があります。それを明確にした上で、そのためにはどんな働き方が良いのかをしっかりと考えることが重要なのです。そうすれば、自ずと選択肢は見えてくるでしょう。

社会変化に敏感になること

 しかし、選択肢を増やすためにはそもそも情報を知らないことには始まりません。今ではノマドやフリーランスといった働き方は次第に知られつつありますが、それでもそれを知らなければ、いくら自由に働きたいと言ってもフリーランスという選択は取れません。

 そのためには新聞はもちろん、インターネット上の情報にも日頃から触れておくことが大切になります。社会の変化に敏感になることによって、自分の働き方のスタイルを見直す良いチャンスになるのです。

自己管理を人一倍徹底すること

 新しい働き方を考える時にナンセンスなのは、会社などの組織に依存したような考えて物事を見るということです。会社にいる限り給料も保険も会社が全てやってくれる、という風になんでも会社頼みというのは、もし会社の業績が悪くなった時にどこにも逃げ場がなくなってしまうことになりかねません。

 そのため、仮に会社が無くなってしまった時にでもちゃんと生活をしていけるようになっていかねばならない必要性が出てくるのです。その際には、技術などはもちろんのことですが、その上で自己管理というのは非常に重要になってきます。

 体調管理、タスク管理やスケジュール管理を始めとして、自分に関係するありとあらゆることに対してしっかりと責任をもって管理していかなければいけません。これは、新しい働き方を考える時に重要な要素の1つです。

ワークライフバランスを考えないこと

 最後に、新しい働き方を考えるときに最も重要なことを紹介します。それは「ワークライフバランス」というものを考えないことです。ワークライフバランスという言葉を使用する時は、しばしば「仕事=嫌なもの」という意味を含んで使われがちなのです。

 仕事をプライベートのように楽しむことこそが新しい働き方の理想形であり、我慢して大変な仕事をするのはあまり望ましくありません。冒頭で述べたとおり、自分が仕事に求めることを明確にすれば、そこの選択に対しても納得の行く選択ができるのではないでしょうか。今では、多種多様な働き方が次第に社会に認められてきています。もう会社にしがみつきながら仕事をする必要はないし、会社の言いなり通りに働く必要はないのです。


 このような考え方ができるようになるのは、なかなかハードルが高いことかも知れません。しかし実際にそのような働き方をしている人は、会社勤め・フリーランス関係なく増えてきています。イケてるビジネスマンになるためには、今までの考え方を少しずつ変えていき、自分の人生の一部として仕事が楽しく感じられるような選択をしていきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する