1. 都心にはない魅力が!地方勤務だからこそのメリットとは?

都心にはない魅力が!地方勤務だからこそのメリットとは?

 最近、企業が徳島県などにオフィスを構え、地方で働くことが注目を集めるようになってきました。東京で働くことは、様々なメリットが挙げられますが、地方で働くことには一体どんなメリットがあるのでしょうか?

生活コストが圧倒的に低い

 まず、地方勤務の最大のメリットは生活コストの低さが挙げられるでしょう。東京の家賃相場は最低でも7万はかかりますが、九州の福岡では3万円〜4万円が家賃相場となっています。

 また、東京と福岡の年間の外食費を比べてみても、東京227,052円に対し、福岡は177,605円と5万円以上の差が出ているのです。この生活コストの差は地方ならではのメリットを言えるのではないでしょうか。

ストレスが溜まりにくくなる

 都心で働くと毎朝、満員電車に揺られる、人が多く街がごちゃごちゃしているなどストレスが溜まる要素は幾つもありますが、地方の勤務ではそういったことがありません。都心に比べて人の数も少ないので、満員電車もなければ街の喧噪もないので、ストレスフリーな生活を遅れるでしょう。

 ストレスは体にとって毒。健康を損なってしまえば、働くことすら出来なくなってしまうかもしれません。そうなってしまっては、元も子もないでしょう。健康かつストレスフリーに過ごせるのも地方ならではと言えるでしょう。

自分自身の価値を高めやすい

 地方で働くことのメリットとして、自分の価値を高めやすいことも挙げられます。何か面白いことをしようと思った場合、東京で行うのと地方で行う、どちらが注目されるでしょうか?きっと地方で行う方だと思います。

 地方で面白いことをやり、情報発信を行う人は注目されやすく、その情報は東京にまで届きます。しかし、東京でいくら面白いことをやっても、面白いことをやっている人の母数が大きいため、注目されにくいのです。


 最近では、東京と地方のデュアルライフを実践する人も出てきています。都心には都心の魅力がありますが、一方で地方には地方ならではの魅力があるのです。地方勤務を経験してみることも、一度は経験してみたいものですね。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する