1. この夏のオフィスを快適に過ごすために持っておきたい暑さ対策グッズ4選

この夏のオフィスを快適に過ごすために持っておきたい暑さ対策グッズ4選

 夏のオフィスは冷房がかかっているところもありますが、節電などの影響で冷房を切っているところも多いでしょう。そんな暑い中、仕事をしていると集中力が切れてしまうなど、仕事のパフォーマンスが低下しかねません。そういった時は、暑さ対策グッズを活用して仕事をすると良いでしょう。ここでは、夏場のオフィスに置いておきたい暑さ対策グッズを紹介していきます。

1. Coolファンクッション

 最初に紹介するのが、オフィスの椅子に置ける座布団式の暑さ対策グッズ。この商品は、USBにも対応しているため、自分のパソコンとUSBを繋げて使用できます。電池が切れて使えない…といった事態もないので、安心して使えるでしょう。

 またカバーは取り外して洗濯できるので、汗ばむ夏の季節でもニオイなどを気にせず使えるのも良いところですね。

2. マルチクールロング

 暑い…と感じた時は、首もとを冷やすのが一番効果的。保冷剤などで冷やすのがベストでしょうが、オフィスに持って行くのは…と思っている人もいるでしょう。そんな人には、マルチクールロングを活用するのがオススメ。これを使いながら仕事をすれば、集中して仕事に取り組めるのではないでしょうか?

3. USBネクタイクーラー

 夏場はクールビズで、ネクタイをつけずに過ごす人は多いと思いますが、「USBネクタイクーラー」を使えば、思わずネクタイをつけてしまいたくなるかもしれません。見た目は普通のネクタイだそうですが、引き下ろすとファンが出てくるそう。USBに繋ぐとワイシャツの中に風が送られてくる仕組み。夏にネクタイ…と思うかもしれませんが、これであれば毎日ネクタイをつけても良いかもしれませんね。

4. 瞬間冷却スプレー

 最後に紹介するのが「瞬間冷却スプレー」。野球などの試合で使うもの、というイメージが強いかもしれませんが、実はオフィスでも使える優れもの。夏場になると蒸れてしまう足に吹きかけると、足下も涼しくして仕事をすることができます。ただし、3秒以上吹きかけるのは危険ですので、注意して下さい。

 夏場のオフィスでの仕事は、なるべく涼しい状態で行いたいもの。節電などで冷房が使えないオフィスなどでは、こういったグッズを活用してみると良いかもしれません。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する