1. 社内恋愛を就業規則で禁止するのは法律的にセーフ?アウト?

社内恋愛を就業規則で禁止するのは法律的にセーフ?アウト?

社内恋愛を就業規則で禁止するのは法律的にセーフ?アウト? 1番目の画像
by nosha

 「社内恋愛禁止」いつの時代のことだと思うかもしれませんが、同じ会社に勤める社員同士の恋愛を禁止している会社はまだあるようです。なぜなら、社内恋愛が及ぼす可能性のあるリスクを危惧しているからです。

 恋愛は個人の自由だ、という意見はもちろんあります。普通に考えて、個人間のプライベートな感情を企業が制限することはあまり好ましくありません。社内の人間同士で恋愛関係になることは、法律的にどうなのでしょうか?

社内恋愛は法律的には問題ない

 結論から言うと、企業が社員に対して社内恋愛を禁止することは出来ません。

 それはあくまでもプライバシーの問題なので、企業が個人に介入できる余地はないからです。もしそれで裁判事になった場合でも、企業の立場は非常に弱くなります。

 社員同士が恋愛をすること自体は何ら問題のないことであり、それを否定され罰則などということになったら正々堂々と反論するべきでしょう。

 ただし、就業規則に「社内恋愛禁止」を規定することも法律的には問題ありません。

就業制度には明記されていない

「会社は社員を雇っているのだから、就業規則で何でも決められる」かというと、それは違います。あくまでも社内秩序維持という合理的な理由がある必要があります。どちらかというと、決められないことの方が多いくらいのイメージの方が近いです。

出典: 就業規則に「社内恋愛絶対禁止」 これってアリなの?【弁護士に言っ ...
 就業規則にも、社内恋愛禁止の文言を記載することは禁止されています。なぜなら、恋愛は社員のプライベートな問題とされているために会社が制限することは出来ないからです。

「恋愛禁止」の明記はパワハラの可能性あり

 もし仮に社内ルールや社内掲示物に「社内恋愛禁止」という言葉やそれに準ずる言葉が明記されていた場合、もしくは上司からそのような言葉を耳にした場合はそれはパワハラになる可能性があります。なぜなら、見えない力でプライベートを抑圧しようとしているとみなされるからです。

 会社側としては、社内の風紀が乱れるなどの理由があるのでしょう。しかし、企業組織としてはそのような規則を設けるのは好ましくない事となるのです。


公私混同は誰も守ってくれない

 とはいえ、社員同士の恋愛感情が発端となって仕事に悪影響を及ぼし、それが会社利益などにも不利益を及ぼした場合は、社内における罰則の対象に十分なり得ます。

 これには法律は関係なく、当然のことだと言えるでしょう。仕事とプライベートを分けることが大前提として会社は社内恋愛禁止をしないのですから、そこで公私混同してしまってはもう誰も守ってくれません。

社内恋愛に失敗してこんな結末になった人も…

しばらくは(半年位)普通に努めてたけど、相手の無視とか絶えられなかった。事の知らない奴や、ウワサ話の好きな連中にはある事ない事、影で言われ…それから、こっちもさけてしまって、もっとギグシャク…びっくりする変なタイミングでばったり会ったりする事が、数え切れない位あって…あげく、ストーカー扱い…

出典: 社内恋愛で失敗するとかなり辛いですね・・・。失敗したことのある方 ...

 法的には大丈夫でも、あまりに恋愛事情を仕事に持ち込むと上記のように仕事がしづらい状況になりかねません。

 これを考えると、社内恋愛は禁止されていなくても、リスクが高い分あまりするべきではないものなのかもしれませんね……。


 いかがでしょうか。企業としては、法律的に恋愛自体に文句を言う権利はなくても、そこから生じる影響や事象に対しては厳しく指摘することが出来ますし、周りの目が気になって仕事がしづらい状態になる可能性もあります。もし自分が社内で恋愛関係に落ちた場合は、そのことをしっかりと肝に銘じておくようにしましょう。

面倒な社内恋愛トラブルに巻き込またくない人へ

 就業規則で社内恋愛が禁止されている企業では、面倒な社内恋愛トラブルなどが起こりうるかもしれない。

 当事者にしろ、第三者にしろ、恋愛関係のトラブルに巻き込まれるのは、精神的な負担になる。

 納得のいかない就業規則や社内のゴタゴタに呆れているという人は、この機会に「転職」を検討してみるのもいいだろう。

 とはいえ、多忙なビジネスパーソンには転職活動をする時間も限られているものだ。

 効率良く、確実に自分に合った企業に転職するならば「転職エージェント」を利用することをオススメしたい。

転職成功実績No.1!年収・条件交渉もカンタン「リクルートエージェント」

社内恋愛を就業規則で禁止するのは法律的にセーフ?アウト? 2番目の画像

 日々の業務や生活に追われて、なかなか転職活動をする時間がとれないという人には「リクルートエージェント」がオススメ。

 「リクルートエージェント」は幅広い業界の求人を網羅しているだけでなく、提携企業との「長年の繋がり」があるため、転職者からは言い出しづらい「年収」「条件」「入社日程」についてもエージェントが交渉してくれる。

 非公開求人も多く、現職でのストレスになっているポイントなどを正直にエージェントに話せば、自分に合った社風の企業を紹介してもらえるはずだ。

 土日祝・平日20時以降でもエージェントが転職相談に対応してくれるため、多忙なビジネスパーソンの転職にもおすすめ

 「ちょっと転職を考えてみようかな……」と少しでも思ったならば、まずは「リクルートエージェント」に登録してみよう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する