1. メリットってどこにあるの?早起きが本当に三文の得になるのか検証してみた

メリットってどこにあるの?早起きが本当に三文の得になるのか検証してみた

 「早起きは三文の得」ということわざがあります。早起きすると得をするという意味ですが、本当に早く起きると得をすることがあるのでしょうか?ここでは、早起きをすると、本当に得をするのか、ビジネスマンの観点から紹介したいと思います。

「早起きは三文の得」に隠された意味

 早起きは三文の得という言葉ですが、どうして早起きすると得をすると言われているのでしょうか?

朝早く起きれば、健康にも良いし、それだけ仕事や勉強がはかどったりするので得をするということ。

出典: 早起きは三文の徳 - 故事ことわざ辞典
 早起きすると得をするという意味でしか知らなかったのですが、健康や仕事が捗るという意味で得をするということだったんですね。意味から推測すると、ビジネスマンは早起きをすることで、得をすると言えそうです。

早起きすることで、ストレスに強くなる

 早起きをすることで、ストレスに強くなることができます。朝日を長い時間浴びると、ビタミンが体の中で作られます。不足してしまうと、鬱やストレスの耐性が弱くなってしまうことも…。早起きすることでストレスに強いカラダが作られるというわけなんですね。

 また、忙しい朝は何かとカリカリしがち。余裕がある身支度や、朝の充実感がストレスそのものが溜まることを防ぐ効果も期待できそうです。

アタマが冴えて仕事が捗る

 アタマが冴えるのも、早起きのメリットと言えるでしょう。早起きすることで、脳を始業までに温めておくことができます。寝ぼけたままに仕事は、ミスを連発する原因。仕事のスタートから脳をフル回転させるためにも、早起きが重要です。

 また、朝ごはんを食べる時間があるのも、早起きすることで得をする要素の1つ。朝ごはんをしっかり取ると、脳に栄養がスムーズに供給されて、仕事のやる気も自然と湧いてきますよ。

収入自体のアップも期待できる!?

年収1000万円以上のビジネスパーソンを対象とする転職サイトを運営するビズリーチが、登録会員を対象に実施したアンケート調査によると、始業前の時間を利用して勉強、運動、仕事の準備、読書などの「朝活」の経験者が6割に上ることが分かった。

出典: 「朝活」経験 高年収ビジネスパーソンの6割 - ライブドアニュース
 早起きをしている人は、年収が高いというデータもあるそうです。早起きをすることで、三文といわずにもっと得をする場合もあるかも!?

 高収入の方が朝早く起きてしているのは「朝活」。読書やランニングによって、健康なカラダづくりをしたり、知識やスキルをアップさせているようです。もし三文以上の得を得たいのであれば、早起きするだけでなく朝活にチャレンジしてみるのはいかがでしょうか?


 ここでは、早起きのメリットを考え、本当に三文の得があるのかどうか紹介しました。なるほど、たしかに早起きのメリットは計り知れないほどあるようです。夜型生活のビジネスマンの方はちょっと早めに寝て早起きしてみるのも良さそうですね。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する