1. 「この上司怖すぎ…」と感じた仕事中のエピソードまとめ

「この上司怖すぎ…」と感じた仕事中のエピソードまとめ

 上司は「怖い存在」というイメージを持っている人は多いのではないでしょうか?確かに怖い上司も存在しますが、ほとんどの場合は部下の受け取り方に問題があるのです。怖い言葉の裏には、「成長してほしい」「期待している」といった感情が込められています。怖いけれど、いい意味で厳しい上司とのエピソードをまとめました。

結果だけ書いてる書類は無価値

筆者:なぜ、私の週報をゴミ箱に捨てたのですか?
上司:ゴミだからだよ。
筆者:どこが、ゴミなのですか?
上司:保存する価値がないからだよ。
筆者:どうして、保存する価値がないのですか?
上司:Done(結果)だけが書いてあって、ToDo(今後)がないからだよ。

出典: 還暦まで後ひと回り[6]上司の皆様、私を叱ってくれてありがとう - ITpro
 上司に書類を提出する、そんな機会は多いと思います。これは、書類提出するシーンでの怖いけれど部下思いの心が溢れているエピソード。

 「提出した書類を捨てた」という場面だけを切り抜けば、怖いだけの上司かもしれませんが、「結果」だけでなく「今後」についても書かなければ書類を提出する意味がない、とアドバイスを送っているのです。少し怖く感じるかもしれませんが、こういう上司なら付いていきたい、と思えるのではないでしょうか?

厳しい言葉の裏にビジネスパーソンとしての心得が…

資料を作る機会を与えられれば、5分ごとに「もうできたのか?まだか?」ものの考え方を聞けば、「この本から(厚さ300ページくらい)から探せ」わからないなりに一生懸命設計していると「仕事はお前の理解を待たないんだ。間に合わないからもういい」などなど。

出典: 厳しさの中にある優しさの体験談を教えて下さい最近私は先輩に「友達 ...
 5分ごとに「出来たか?」と聞かれると、自分の仕事に自信が持てなくなってしまいそうですが、その行動の裏には「仕事は納期が絶対である」、ということを教えてくれています。

 このような「怖い」と感じる上司の行動があるからこそ、自分の仕事に対する責任感、プライドなどが芽生えてくるのではないでしょうか?

受け取り方を変えれば仕事も楽しくなる

 上司が怖くて、仕事に行くのが辛い…と思っている人は多いですが、そんな人は一度立ち止まって上司の言動を振り返ってみましょう。時には、貶すことが目的で注意したり、怒鳴ったりする上司もいますが、ほとんどは部下のことを思う故に厳しい言葉をかけてくれるもの。

 上司の言動ばかりに目を向けず、自分に問題があるのでは?と上司が言ったことに対する受け取り方を変えてみれば、きっと今ままで怖い…と感じていた上司の言葉や行動も自分のためを思ってのことだったんだ、感じられるでしょう。愚痴をこぼす前に受け取り方を変えてみる、これこそが仕事を辛いものから楽しいものに変える秘訣かもしれません。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する