1. 身近なアイテムを使った「超裏ワザ」!スーツをキレイに手入れする方法

身近なアイテムを使った「超裏ワザ」!スーツをキレイに手入れする方法

 ビジネスマンであれば、気を使わなければならないのが、身だしなみではないでしょうか。特にスーツは戦うビジネスマンの鎧といっても過言ではありません。念入りな手入れが必要ですよね。でも手入れって何かと面倒…専用のアイテムなどが必要となるとそれだけでもやる気がなくなってしまうものではないでしょうか。ここでは、家にある身近なものでスーツを手入れする方法を紹介します。

意外と家にない、スーツのお手入れグッズ

 スーツのお手入れグッズが家にあるという人は実は少ないのではないでしょうか。アイロンや霧吹きはなかなか一人暮らしのビジネスマンは持っていないでしょうし、ブラシに関しては、なかなか入手先もわかりにくいですよね。カンタンに手入れするためには、身近なものを利用することが効果的で手軽と言えるでしょう。

ホコリ汚れを目立たせないための方法

 スーツの敵、ホコリ。なかなか払っても落ちないホコリですが、実は家にあるものでホコリをシャットアウトすることができます。使うのは、ガムテープとスポンジ。スポンジは、生地を痛めずにホコリを吸着してくれますし、ガムテープは、少し粘着力を弱まらせればホコリ取りに早変わり。ブラシが無くてもホコリは取れるんです。

スーツの型崩れを防ぐには…

 気になるスーツの型崩れ。くたびれたスーツはなんとなくさみしくてみずぼらしい印象を与えてしまいますよね。そんなスーツの型崩れを防ぐには、タオルをハンガーに入れることがオススメ。ハンガーはどうしても角が張っているため、跡が付いてしまいます。タオルでハンガーの跡が付かないような工夫ができるというわけです。

 また、ハンガーに掛ける時は、袖を内側に折り込むようにすると、跡が付きにくく、くたびれた印象を軽減することができます。

ニオイ消しもカンタンにできる!

 夏場気になってしまうのが、スーツのニオイ。汗やタバコのしつこいニオイはなかなか取れません。ニオイを取るためには、入浴後の風呂にスーツを入れておくことが効果てきめんなようです。アイロンのスチームのように、蒸気でニオイが消えていくでしょう。


 ここでは、身近なアイテムを使ったスーツの手入れ方法を紹介しました。身近なアイテムでも、しっかりと手入れをすることができます。スーツの手入れをしたいけどアイテムを用意するのはめんどくさいという方はぜひお試しください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する