1. 仕事の効率化は文房具から!自分のデスクに置いておきたいユニークな文房具4選

仕事の効率化は文房具から!自分のデスクに置いておきたいユニークな文房具4選

 仕事を効率よく進めていくためには、仕事をする前までの準備などが大切ですが、意外と文房具も仕事の効率化に役立つのです。では、どんなものがあるのか?これは自分のデスクに置いておきたい、と思うようなモノを紹介していきます。

1. 立つノートカバー


 商談での会話内容、会議中の議事録などアナログでとったメモをPCに打ち込む際に役立つのが「立つノートカバー」です。メモを打ち込むといった単調な作業にこそ効率化のポイントが隠されているもの。

 一回打ち込んで、またメモを見て…といったことを繰り返しているのでは効率良く仕事を進めていくことはできません。ノートをサブのディスプレイのごとく使える「立つノートカバー」があれば、ちょっと面倒くさい文字の打ち込み作業もあっという間に終えることができるでしょう。

2. NUboard (ヌーボード)


 相手に何か物事を伝えたい、でも相手に上手く伝えられない…。そんな人は「NUboard (ヌーボード)」を使うと良いでしょう。

 「NUboard (ヌーボード)」は持ち運びのできるリングノート形式のホワイトボード。言葉では説明しづらいことも「NUboard (ヌーボード)」を活用し、図などを使って説明すればお互いの認識のズレもなく、きちんと伝えることができます。

3. アーチルーラー

 仕事中、机の上に置いてある定規を使おうとしたけどなかなか取れず、余計な時間を喰ってしまった…。こんな経験ないでしょうか?定規が上手くとれない、という悩みを解決し効率化の一助を担ってくれる文房具が「アーチルーラー」。

 この文房具は曲がった形状をしている定規なので、簡単に定規をとることができます。また余計なストレスを溜め込まずに済むので、仕事中のイライラも減るかもしれません。

4. 一枚切りカッター


 重なってる紙の上でも、一番上の紙だけを切ることができる「一枚切りカッター」。いちいち紙を1枚だけ取り出して切る必要がないため、余計な手間なく紙を切ることができます。

 これを使えば、下の紙まで切ってしまった…、切ったと思ったけど切れていない…といった事態を防げるでしょう。



 「タスク管理」や「To Doリストの作成」などが仕事の効率化ではありません。こういった文房具も活用することで、意外と作業がスムーズにこなせていったりするものです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する