1. 馬鹿にしてない?朝礼であなたが得られる3つのメリット

馬鹿にしてない?朝礼であなたが得られる3つのメリット

  • 8951views
  • 0fav

by SamCheong
 会社で朝一番に行われるものと言えば、朝礼ですね。最近ではユニークな朝礼を行う会社も増えてきましたね。でも、世の中楽しい朝礼ばかりではありません。中には毎日の朝礼が嫌で嫌で仕方ないという方もいるでしょう。朝礼があなたにもたらすメリットもあるのです。考え方1つで憂鬱だった時間が有難い時間に思えるかもしれませんよ。

1, 気持ちの切り替えが出来る

 朝一番に朝礼に参加する事で、始業前の時間と就業時間に区切りが出来ますね。体全体で時間の区切りをつけることで、頭が仕事モードに切り替わります。なんの儀式もなくそのまま仕事に入れば、ダラダラと仕事をしてしまいがちですよね。ある有名な自動車販売会社の社長さんも「朝礼は仕事モードにスイッチを入れるセレモニー」だとしています。

朝礼は”仕事モードにスイッチを入れる”大切なセレモニー。
だから、型にこだわる。

これは、朝礼の重要さを説き、またそれを実践している自動車販売会社の社長さんの言葉である。県内外から朝礼を見学しに来る人が絶えないほど。

出典:朝礼で仕事モードにスイッチを! - 飯山晄朗のガッツログ - ココログ

2, 人前で話す訓練が出来る

 人前で話すのが苦手だから練習したいと思っても、なかなか練習できる場はありませんよね。朝礼は自分がスピーチをする時間は長くてもせいぜい3分から5分くらいですよね。上手いことやおもしろいことを言おう!などと気負わずに人前で話す訓練だと思ってみましょう。

どのような場所でも人前で話をするのは緊張するものです、そこで朝礼などの場合は、その殆どが「身内」で行うのですから失敗を恐れる必要はないですし、その身内の前で話ができないのならなかなかお客様の前で話をするなんてできないですよね?

出典:朝礼ネタのススメ【改】 | 朝礼をウマくまとめる7つのコツ |

3, 自分の考えをまとめる能力を磨ける

 短時間で自分の意見を伝える能力はビジネスでは必要不可欠ですよね。朝礼のスピーチがそんな能力を鍛えるのにはもってこいな時間なのです。

さらに、上司との会話、取引先との交渉の場、
そして、朝礼やミーティングにおいても、
要点をまとめて発言する力が問われる。

ものごとの「あらすじ」をまとめる能力は、そのまま、
デキるビジネスマンの必須条件と言っていいくらい、
超重要なスキルだ。

出典:あらすじを書きなさい|「デキる上司の朝礼ネタ」 - アメーバブログ
 3分や5分という短い時間の中で自分の言いたいことをまとめるのはやってみると意外と至難の業です。朝礼のスピーチが上手くまとまっている人は普段から自分の考えをまとめるのが上手な人。朝礼はそんな話し上手な人のコツを盗む格好のチャンス!是非、他の人のスピーチを聞いてこの人のスピーチは上手だな、と思ったら自分は何が違うのか考えてみましょう。

いるだけでは意味がない!

 朝礼をただのめんどくさい連絡の場だと思って適当にやり過ごしてしまっていませんか?何も考えずにいるだけではあまり意味がありません。でも、考え方を少し変えるだけで自分にとって有意義な時間に変えることが出来るのです。もちろん、朝礼の時間も業務時間ですから給与も発生しているのです。普段の業務に取り組むように朝礼にも全力で取り組んでみましょう。

自分なりに仕事の意義を解釈して、創意工夫する中で、自らのモチベーションを高めることが肝要です。このモチベーションを高める仕組みとして、朝礼は最も自然に行える仕組みなのです。

出典:朝礼をバカにしていませんか? - ジャイロ総合コンサルティング


 本当にデキるビジネスマンはありとあらゆる時間を自分のものにしています。たかが15分、されど15分。これを機に自身の朝礼への取り組み方を見直してみてはいかがでしょうか?

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する