1. 必要なのは勇気だけじゃない!意見が言えない人が改善すべき4つのポイント

必要なのは勇気だけじゃない!意見が言えない人が改善すべき4つのポイント

 会議や、上司に意見を求められた時に、どうしても自分の意見が言えないという悩みを持っている人は少なくないでしょう。しっかりとした意見を持つのであれば、しっかりと発言して意見を言うことが重要になるのではないでしょうか。ここでは、意見が言えない人が改善すべきポイントを紹介します。

1. 自分がどの立場かを明確にする

 意見が言えない以前に、自分の意見が曖昧で、どの立場にも立っていないということが問題の場合もあるでしょう。その場合は、現在どのような話し合いが行われていて、どのような主張があるのかを明確にしておき、自分の立場をしっかりと示す必要があるでしょう。最初は、なかなか意見を言うことや同調することは難しいかもしれませんが、自分自身でしっかりと考えることがビジネスにおいては重要なのです。

2. 「基本的に意見は合わないもの」と認識する

 意見が言えないという障壁としては、「意見は合わず、人と対立してしまったらどうしよう…」という考えがあると思います。しかし、よく考えてみると、意見が合うことってなかなかないですよね。恐れて発言しないことで、むしろ意見がわからず反感を買うケースもあるのです。嫌われてしまったら…とかんがえる前にはっきりと意見を言うことも必要なのではないでしょうか。きっと相手も理解してくれますよ。

3. データや根拠を持つ

 データや根拠を示すというのも、意見が言い出しやすくなるポイントの1つと言えるでしょう。意見が言えないのは、根拠が「なんとなく」「○○さんがそう言ったから」というものだからではありませんか?データや根拠を持つことで、自信を持って発言することができるようになり、意見も言いやすくなります。

4. 意見に対してオープンに接する

 自分の意見がどう思われるか不安…という人に多いのが、自分以外の意見にも厳しい目を向けているということです。批判的な目で意見を聞いてしまうと、自ずと自分の意見を言うハードルも上がってしまいます。意見を言うハードルを下げて行くことで、自分も意見を言いやすい環境を作ることができるのではないでしょうか。


 ここでは、意見が言えない人が改善すべきポイントを紹介しました。意見が言えない原因は、もしかしたら自分の過信や、謙虚すぎることが原因かもしれません。まずは、自分がどう考えているか深く考えてみてはいかがでしょうか?

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する