1. 思わず参加したくなる!ユニークな朝礼の事例5選

思わず参加したくなる!ユニークな朝礼の事例5選

  • 44493views
  • 0fav

by d'n'c
 メールで伝達が当たり前になった現代ですが、情報共有の朝礼を取り入れている会社は数多くありますね。でも、朝礼なんてどこの会社も同じじゃないの?と思っている方も多いと思います。実は一風変わった朝礼を取り入れている会社もあるんです。会社に行くのが楽しくなりそうな朝礼を行っている会社の事例をいくつかご紹介します!

【1】スタートトゥデイ:まるで「ごきげんよう」?!サイコロ方式

 ファッション通販サイトZOZOTOWNの運営会社「スタートトゥデイ」ではサイコロ朝礼と呼ばれる朝礼が行われています。これはご想像の通り、あの「ごきげんよう」のようにスピーチのテーマをサイコロで決めるというもの!

 サイコロのテーマは「恋の話」「失敗した話」「ゆるせない話」「はなしたい話」「好きな◯◯◯」「パヤ」の6つ。ちなみに「パヤ」とはサイコロ朝礼の発案者のあだ名だそうで、これが出たらその日の担当が誰であれ、パヤさんがスピーチをするのだそうです。

 一番の目的はアドリブ力、瞬発力を鍛えるものなのだそうですが、スピーチを聞く側も何が出るかな、どんな話をするのかなと参加意識が高まり組織の一体感にもつながりそうですよね。

【2】ラブリークイーン:本気じゃんけん

 レディスファッションの企画・販売を行う「ラブリークイーン」では、毎朝本気じゃんけんが行われています。

このジャンケンに「1千万円」かかっている気持ちでジャンケンをします。一日の始めに本気を出す癖をつけます。

出典:元気が出る朝礼 | フォーマル&ミセスファッションのラブリークイーン
 この本気じゃんけん、勝っても負けても一緒に天井に向かってバンザイをします。こんなルールなら負けても気持ちが良いですよね!体を動かすことで眠気も一瞬で飛んでいきそうです。

【3】てっぺん:大声で夢を語る

 居酒屋の「てっぺん」では、店舗スタッフが大声・叫び声の応酬で自分の夢を語り合っています。

 これだけ大声を出し合えば、社員同士簡単に打ち解けられそうですよね。公の場で夢を語るという機会はなかなかないので、宣言することで仕事にもより一層身が入りそうですね。これは飲食店の事例ですが、夢を発表しあう朝礼なら飲食店でなくても取り入れられそうです。

【4】ソリューション:スイッチオン朝礼

 コンサルティング会社の「ソリューション」で行われているのがスイッチオン朝礼なるもの。この会社、日本一元気な朝礼をうたっており朝礼を一般公開してしまうほど、朝礼には力を入れている模様。

 このスイッチオン朝礼、親指を立てて「スイッチオン!スイッチオン!スイッチオン!」とひたすら叫ぶという至ってシンプルなもの。声を出すことで仕事のスイッチを入れ、やる気を高めることが出来るそうです。

【5】LIG:ホメロス

 ウェブサイト制作会社「LIG」で行われているのはホメロスという朝礼制度。これは社長が、直近で頑張っている社員を褒め倒すというもの。言葉にするとシンプルですが、褒め倒すためには社長がきちんと社員の頑張りを見ていなくてはなかなか出来ないものですよね。また、社員も朝一番に社長から褒めてもらえたらさらに頑張ろう!という気持ちになれそうですね。


 いかがでしたか?今回紹介したユニークな朝礼も、その企業の目的に沿って思考錯誤して出来上がったものでしょう。参考になりそうなものがあれば是非、取り入れてみてはいかがでしょうか?

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する