1. 30秒やるだけでデスクがキレイに!美しいデスクを保つための4つのルール

30秒やるだけでデスクがキレイに!美しいデスクを保つための4つのルール

 デスクを使っていると、段々と汚くなってきてしまって、整理した書類が見つからないということや、探しものが見つからないということはないでしょうか?一気に掃除することはとても面倒ですが、毎日コツコツと掃除をしていけば、そんなに大変じゃないですよ。ここでは、少しの時間でできる、美しいデスクを保つためのルールを紹介します。

1. モノの定位置を決めておく

 肝心なときに、ボールペンや、印鑑などのモノがどこにあるのかがわからず、探すのに手間取っていませんか?モノの定位置を決めておくようにすると、そのような問題もすぐに解決できます。使ったモノも、そのまま使いっぱなしにしておくのではなく、毎回必ず定位置に戻すようにしましょう。ちょっとしたことですが、これだけでも、モノがなくなったり、探す手間が省けますよ。

2. 書類をクリアファイルに入れておく

 書類をクリアファイルごとにまとめておくのもいいのではないでしょうか。バインダーや色分けをする整理の仕方もありますが、それは時間がかかりますし、何より面倒。クリアファイルに必要な書類をまとめておくだけでも、バインダーなどと同じ効果が得られますし、時間も対して必要ありません。

3. ゴミは、出たらその場で捨てるようにする

 なにかと溜まりやすいゴミ。ゴミは、ムダなスペースを要してしまい、作業や仕事の効率を落ちてしまいます。「まとめて捨てればいいや」という気持ちは、デスクが汚くなってしまう原因の1つ。ゴミは、出たらすぐに捨てるように心がけるようにしましょう。そうすることで、テキパキと動くこともでき、作業の効率も上がりますよ。

4. 帰りの前にデスクを拭いてから帰る

 仕事をしていると、消しゴムのカスや、紙くずなどが自然と溜まっていってしまうのが、デスク。帰りの前に、デスクを拭いてから帰るようにすれば、デスクの上の消しゴムのカスや、細かなチリやゴミも一掃することができます。


 ここでは、30秒でデスクがキレイになる、美しいデスクを保つためのルールを紹介しました。ちょっとしたことですが、積み重ねていくだけでも、いつもの掃除と同じ効果が期待できますよ。ぜひ参考にしてみてください!

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する