1. 【営業のコツ】内気な性格の営業マンがトップセールスマンになれる3つの理由

【営業のコツ】内気な性格の営業マンがトップセールスマンになれる3つの理由

by Tranpan23
 営業マンといえば、コミュニケーション能力が高くて、バリバリ外周りもしている感じですよね。内気な性格だと営業には、不向きだと見られがちでしょう。しかし、実際は内気な営業マンのほうが営業に向いています。なぜでしょうか?まずは、外交的な性格の人が営業で結果をだせない理由からみていきましょう。

外交的だと結果がでない理由

外向的な人は自分の話術やスタイルを使って契約を取ろうとしますが、今の賢い消費者は売りつけられるのを警戒して、慎重になります。

出典: 営業は、内気な人ほど成功すると言う理由をご存知ですか? - テレアポ ...
 外交的な性格の営業マンは、その巧みな話術やスタイルのせいで消費者に胡散臭い印象をもたれてしまいがちです。 たくさんの出会いには恵まれますが、相手とビジネスにつながる深い信頼関係を築くには、社交性や話術だけでは足りません。では、内気な性格の営業マンがなぜ成績を残せるのか?それは3つの理由があります。

深い信頼関係が築ける

内向的な人は、「相手に迷惑を掛けられない」と言う意思が働くので、相手のことを考えながら営業しますから、売り込むと言うよりも相手の話を聞こうとする“聞き営業”や、提案に近い話し方になるので、相手側にしても、売り込まれると言う感覚が感じられないので、接していても余裕がありますから、「買う時はこの人から買おうかな、」と言う気持ちになるからです。

出典: 営業は、内気な人ほど成功すると言う理由をご存知ですか? - テレアポ ...
 まずは、内気な性格の人は相手の気持ちになって考えることができます。なぜなら相手の話を聞いてから自分の商品の話をするからです。だからこそ、一方的な会話にならず、相手との 深い信頼関係を築くことができます。

ターゲットを絞ることができる

内向的な営業マンは、顧客になりうるターゲットをよく研究し理解していることが多く、不特定多数の表面的な出会いよりもターゲットを絞った1対1の意味ある出会いを求めます。

出典: 外交的な人と内向的な人。営業マンに向いているのはどっち? - トライツ ...
 不特定多数の出会いの場では表面的な営業しかできずに、営業成績に影響を与えるかといえば疑問が残ります。内気な性格だからこそ、 ターゲットを絞って営業成績につながる意味ある出会いを行うことができるのです。

うまくニーズを聞き出すことができる

内向的な人は外交的な人に比べて聞き上手である傾向が強く、相手のニーズを聞き出し、反応を敏感にチェックしながら相手の関心に沿って会話を進め、相手にとって価値のある会話を提供し信頼関係を築くことができます。

出典: 外交的な人と内向的な人。営業マンに向いているのはどっち? - トライツ ...
 内気な性格だと相手の反応を気にしながら、相手が関心を持ってくれる会話をすることができます。 細かく相手のニーズを引き出すこともでき、顧客にとっても価値ある会話を提供することが可能です。


 内気な性格だと営業成績を残せないと思われがちですが、外交的な性格の人よりも実は結果をだすことができます。これらが、内気な性格の人が営業で結果を残せる大きな理由です。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する