1. 「こんな会社で働いてみたい!」と思わず感じる企業の社内表彰制度4選

「こんな会社で働いてみたい!」と思わず感じる企業の社内表彰制度4選

 社員のモチベーションを上げるためには、「褒める文化」を築き上げることが大切。文化を形成することは一筋縄ではありませんが、「制度」をつくり「褒める文化」を衛生している企業はいくつもあります。そんな企業が実践している「社内表彰制度」についてまとめました。

1. 面白法人カヤック:変態診断

「変化」を推奨するカヤックにおいて、自らが変化しているかどうか「変態度」としてチェックしています。

出典: 制度・行事|面白法人カヤック
 ユニークな取り組みを数々行っているカヤックでは、「変態度」を人事評価の項目に組み込み、表彰しているそうです。普通の会社では受け入れられない行動も、カヤックでは良しとされ、評価されるかもしれません。

2. わかさ生活:合計15個もの表彰制度

 「ブルーベリーアイ」などのサプリメントや健康食品で有名なわかさ生活は、とにかく多くの社内表彰制度がありました。MVPや社長賞という王道のものから、ギネス賞、ニュートン賞、一週間頑張った人賞といった変わりものまで、合計15個もの表彰制度があるのです。

 MVPの獲得を崇高な目標とさせるのも良いですが、褒められる機会を多くし、社員のモチベーションを維持させるのも良いかもしれません。

3. スターフェスティバル:スタフェスセクシー賞

 お弁当・オードブルのデリバリー・ケータリングサービスを運営するスターフェスティバルは、「スタフェスセクシー賞」という社内表彰制度を導入しています。

この制度は、月ごとに当月にがんばったスタッフを讃えるもの。例えば、周りの人にいい影響を与えた人、仕事に対する姿勢がカッコいい人、シビれるような働き・活躍をした人に対し、スタッフ各自が理由を添えて投票箱に投票します。

出典: スタッフ投票で選ばれる「プラチナセクシー」とは?|企業表彰NAVI(ナビ ...
 働く姿勢や周りへの影響度で周りの同僚から評価されたら、「これからも仕事を頑張ろう」と思えるのではないでしょうか。また、「スタフェスセクシー賞」に選ばれた人の中から、更に社長賞として「プラチナー・セクシー賞」というものがあり、それに選ばれた人は、有料ドリンクが飲み放題になったり、高級ラグジュアリーチェアーで仕事ができるそうです。

4. 太陽パーツ:大失敗賞

同社には「大失敗賞」という名のユニークな表彰制度がある。仕事で大失敗をした社員を年2回表彰し、受賞者には金一封と賞状が贈られる。

出典: 目黒発 vol.19 失敗を語り合う風土づくり - NTT ADVERTISING, INC.
 中には、失敗を誉め称える社内表彰制度もあります。誰でも失敗は怖いものですが、こんな表彰制度があれば失敗も怖くなくなるかもしれません。

 どんなことにもでも前向きにチャレンジしていく社風を形成したい時には、もってこいの制度と言えるのではないでしょうか。


 会社の成長の原動力は「人」です。働く社員のモチベーションが低ければ、大きな成果は望めないでしょう。社員がモチベーション高く働いていくためにも、社内表彰制度を策定し、「褒める文化」を形成していくべきかもしれません。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する