1. 朝ご飯を食べる人は年収が高い!?読めば明日から朝ご飯を食べたくなる話

朝ご飯を食べる人は年収が高い!?読めば明日から朝ご飯を食べたくなる話

  • 8474views
  • 1fav

 皆さんは、朝ご飯を食べていますか?朝ご飯よりも睡眠時間を優先させるあまり時間がないという人もいれば、朝ご飯を食べられる健康状態ではない…と様々な理由で朝ご飯を食べていない人は多くいますね。朝ご飯はしっかり食べた方が良いということは良く聞きますね。しかし本当にそうなのでしょうか?

朝ご飯を食べる人は稼ぐ?

年収500万円以下の人と年収1000万円以上の人を比べたときに、年収が高いグループの方が朝ごはんをとっている割合が高い

出典: こんなにメリットがあった! やっぱり朝ごはんはとったほうがいい5つの理由
 実は、朝ご飯をしっかりと摂っている人というのは、年収が高い傾向があるのです。では、なぜそんなことが起こりうるのでしょうか?

脳に大きな影響を与える

 実は、朝ご飯というのは私たちの脳と大きく関係しているのです。

私たちの脳は、重さにすると全体重の約2%にすぎませんが、食事などから得るエネルギーの約18%を消費しています。これは体中のすべての筋肉が消費するエネルギーとほぼ匹敵するほどです。

出典: 脳が元気になると、脳卒中や痴呆も予防できる(食べ物編) | はじめよう ...
 脳を使って仕事をする際には、多くエネルギーを消費します。朝一で会議が入っていたり、大切な仕事をやらなくてはならない場合もあるでしょう。そんな時に、消費できるカロリーがなければ仕事をしっかりとこなすことは出来ませんよね。

 さらに、しっかりと朝食を摂ることで、記憶や認知能力に関係のある脳細胞が減少していくのを防ぐこともできます。その結果、アルツハイマーの防止をすることが出来ますよ。

うつ病の防止も出来る

 ストレス社会の現代では、およそ10人〜15人に1人がうつ病になる可能性があります。つまり、あなたの会社でも何人かはうつ病になる可能性が多いにあるということですね。

 そんな中で、朝ご飯をしっかりと食べていればうつ病を防止出来るというデータがあります。なぜなら、朝ご飯をしっかり摂ることで「セロトニン」という神経伝達物質の活動を活発にすることが出来るからです。

 この、セロトニンという物質の活動が低下したり、不足してしまうと心のバランスが上手く保てなくなってしまい、うつ病になりやすくなってしまいます。

 そのため、朝ご飯をしっかりと食べることでうつ病の防止に繋がっていくのです。

メタボ防止も出来る

 現代のビジネスパーソンを悩ませる病気の一つに、メタボリックシンドロームがあります。仕事中心になってしまって運動はあまり出来ていないというあなたもメタボになってしまう可能性は多くありますよ。

 しかし、そんなメタボも毎日の朝ご飯をきちんと摂取するだけで防止することが出来てしまうのです。

 朝ご飯を食べないと、以下のようなメカニズムで肥満に陥ってしまいます。朝ご飯を食べないでいると、昼食時には胃の中に長時間何も入っていない状態が続いていることになります。そんな状態の胃に突如大量の食べ物を摂取してしまうと、体に大きな負担がかかるだけでなく、いつもより多くのエネルギーを吸収しようとします。その結果、朝食を食べないでいるということが肥満に繋がっていくのです。


 朝ご飯をきちんと摂ることで、様々な病気へのリスクを軽減させるだけでなく、多くのメリットを得る事が出来ます。その結果、朝ご飯を摂っている人の方が年収が高いという結論に至ります。上記のことからも、朝ご飯を食べた方が良いということは明らかですね。面倒だと思わずに、明日から朝ご飯を食べる時間を作ってみてくださいね。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する