1. 面倒なアイツは味方だった!退屈なルーチンワークで仕事効率を格段にUPさせる仕事術

面倒なアイツは味方だった!退屈なルーチンワークで仕事効率を格段にUPさせる仕事術

  • 4168views
  • 0fav

 毎日仕事に追われているビジネスパーソンのみなさん。出来ることならさっさと仕事を終わらせて帰りたいな…とは誰もが思っていることです。そんな時に役立つものが何かわかりますか?それは、何も考えること無く習慣的に行なっている仕事、つまりルーチンワークです。実は、いつもならただ面倒だなと思ってしまうルーチンワークを仕事の効率化に結びつけることが出来るのです。

仕事は全て同じではない

 「仕事」と一口に言っても、仕事には優先度の高いものや低いもの、あまり気負いせずに出来るものもあれば出来ないものもあります。どんなものがあるか分かりますか?

 例えば、上司に締め切り日を指定して課された仕事やクライアントとの契約に関わる仕事がありますね。そのような仕事は、締め切りが合ったり、自分一人の都合によって変更出来る仕事ではないため、優先度が高く精神的負担がある仕事です。

 それとは反対に、特に締め切りもなく、机の上が最近汚いと気になっていたり、書類をまとめる必要があるという場合はどうでしょう。このような仕事はやる必要はあるけど誰かに迷惑をかける仕事ではないため、優先度は低く気負いせずに出来る仕事ですね。

仕事には順番が大切

 仕事には様々な種類に分けられるものがあるということは分かりましたね。では、どのように仕事を行なっていけば良いのでしょうか。

 仕事を効率よく進めるためには、仕事を行なう順番を決める必要があるのです。そのためには、まず自分がやるべき仕事を把握しておく必要がありますね。自分のやらなければならない仕事を把握したら、次にその期限となる締め切り日も把握しておきましょう。それを踏まえた上で、優先順位や重要度によって仕事を分けていきましょう。

人間の集中力って?

 仕事を効率よく進めるために1日のスケジュールを考える必要がありますね。仕事の優先順位や重要度のみでそれを組み立てることは少し難しいとも言えるでしょう。そこで、参考にすべきなのは、人間が集中する事の出来る周期です。それを踏まえ上でスケジュールをたてることが出来ればより多くの効率が期待出来るでしょう。

集中力は15分周期。45分集中して作業し、15分は休息するなど、適度に休息をはさみましょう。

出典: 集中力は鍛えられる? - 1 - セルフドクターネット
 人によっては何時間でも集中出来るなんて人もいるかもしれません。しかし、基本的には人間の集中力というのは15分周期で切れ目が発生しています。効率が落ちているときは集中力の切れ目が発生しているのかもしれませんね。

ルーチンワークを挟もう!

 では最後に、これまで述べてきた事を踏まえて、効率的に仕事を行なうコツを考えていきましょう。1日のスケジュールを考える上で重要なのは、「集中力の切れ目にルーチンワークを行なう」という方法です。

 前述したように、ルーチンワークとは何も考えることなく行なえてしまうものです。集中力に切れ目があるからといって、その度に休憩を挟むのは効率が良くないだけでなく、周囲の人に与える印象も良いものではありませんね。そこで、集中力が切れてしまった時にルーチンワークをしてみましょう。そうすれば、時間をムダにすることなく仕事をこなすことが出来ますよ。


 日頃は退屈だな…と思いがちなルーチンワーク。しかし、ほんの少しの工夫を加えてあげるだけで、そんな退屈な作業を仕事の効率化に役立てることが可能になるのです。是非、試してみてくださいね。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する