1. 悔しい思いは溜め込まない!仕事で壁にぶち当たったときに試したい解決方法

悔しい思いは溜め込まない!仕事で壁にぶち当たったときに試したい解決方法

by Jonathan Kos-Read
 仕事をしていれば、誰もが悔しい思いをすることがあると思います。では、そんな悔しい思いを乗り越えていくにはどうしたら良いのでしょうか。 

仕事で壁にぶち当たる......

新人のころに、人を使う立場になってしまった。自分より何歳も年上の人や、ベテランの人にあれこれ指示を出さねばならず、仕事もしっかりやりつつ、上の人の機嫌をうまく取ったり、なついてみたり、わざと失敗して頼ってみたりと頭をフル回転させたが、常に仕事が頭から離れずつらかった……。(その他/秘書・アシスタント職/8年目)

出典:仕事で壁にぶち当たったことある? | 「マイナビウーマン」
 大きさは数あれど、仕事では多くの壁にぶつかりますよね。仕事で出来ないことがあったときに悔しさや辛さを感じることも。しかし、それを乗り越えていくためにはきちんと壁に向き合っていくことが大切です。仕事で悔しい思いをしたときには下記で紹介する解決方法を試してみて下さい。

1, 悩みを自分で抱えこまない

 原因分析を1人でするのは効率的ではありません。早く問題を解決し、成長するためには、その失敗を人に話すのがベストです。

 悩みの原因を1人で考えていると、物事を考えることに必死になり、つい同じ思考回路の中で考えをめぐらせてしまいがちです。そこで人に話すことにより、言葉で考えを整理しフィードバックをもらって原因解明をするのです。さらに他人の目線で失敗を詳しく検証してもらうことで、今までとは違った目線でミスの原因を考えてもらえます。

2, 上司の仕事をとにかく真似る

 出来ない仕事に関しては、とにかく上司の仕事を真似してみて下さい。ポイントは細かいところまで漏らさず真似ることです。クレームの対応の仕方や取引先とのアポイントメントの取り方、上司が行なっている確認の仕方などをもれなくチェックし、自分も同じように行動しましょう。

 少し疑問に思ったことは上司に確認をしたり質問をするのも効果的です。「こんなこともいちいち聞かないとわからないのか。」と思われてしまうんじゃないか、という心配はいりません。ミスや考え方のズレを認識する前に確認をすることにより修正することができます。ただし、質問をするときには上司の都合を十分に考慮し、何度も同じことを聞くのは避けるべきです。

3, 考えるよりとにかく行動する

 悩んでいると、解決策を見つけなければならないと焦ってしまい、自分の頭の中で考えがまとまらなくなるということはないでしょうか?考えてばかりいるといつまでたっても行動に移すことが出来ず、前に進むことが出来なくなってしまいます。

 考えることよりも「とにかくやってみよう」という意識を持ち、トライアンドエラーを繰り返してみましょう。失敗を繰り返すことによって、徐々に出来なかったことが出来るようになってきます。


 仕事での壁を乗り越えるのは大変です。しかし、その壁を乗り越えることがあなたの成長に繋がっています。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する