1. 【イレギュラーに弱い人必見】仕事のテンパりを解決するにはどうしたら良い?

【イレギュラーに弱い人必見】仕事のテンパりを解決するにはどうしたら良い?

by isado
 上司にいきなり「これ、お願いね。」と仕事を依頼されてテンパッてしまった経験はありませんか?想定外の事態には、何かと焦ってしまうものですよね。

 沢山の人と物事を進めていく中でのイレギュラーはつきものですが、出来れば落ち着いて仕事をしたいもの。そこで今回は仕事で「どうしよう!」とテンパッてしまったときに心を落ち着かせるおすすめの方法を紹介します。

ところで......なぜ、テンパってしまうの?

 方法を紹介する前に、なぜ人間は突然の事態にテンパってしまうのか、みていきましょう。テンパっている状態のとき、人間の身体では、緊張を抑えるためのノルアドレナリンという物質が脳内で暴走し、精神に緊張や不安を与えてしまっています。

適度なストレスで、ノルアドレナリン神経がある程度働いている状態であれば、いい刺激になり、注意力や集中力があります。
しかし、ノルアドレナリン神経がうまく機能せずに暴走すると、パニック障害のように、たいしたことでもない場面でも、危機に対するかのような反応を起こしかねません。

出典:ドーパミンとノルアドレナリンをコントロールするセロトニン | 縁処日記

 つまり脳が情報を処理しきれなくなってしまい、緊張や不安を引き起こした結果テンパッてしまうということです。実際には、なんともないこともテンパった状態だと出来ないと考えてしまうので、テンパり防止のためにはこの脳の誤作動をとめることが鍵と言えそうです。

1,バルサルバ法の実践

お腹に力を入れてゆっくり息を吐く「バルサルバ法」も、テンパったときに効果的だといいます。(中略)
 その方法は、息を吸ったまま止め、腹部に力をぐっと入れます。胃や肝臓など、内臓全体に圧力をかけるイメージです。この動作を繰り返すと副交感神経が活性化するといいます。

出典:テンパったときに心を落ち着かせる方法 – ガジェット通信
 副交感神経が活発化することにより、自律神経のバランスを整えリラックスすることが出来ます。

 テンパってしまった瞬間にすぐ出来るので「スケジュールがいっぱいいっぱいで良い案も浮かばない、どうしよう!」と思ったときに、とりあえずバルサルバ法を試してみてはいかがでしょうか?

2,アーモンドを摂取する

by yosshi
 アーモンドにはトリプトファンという物質が多く含まれています。トリプトファンははテンパりの原因のノルアドレナリンを防止するセロトニンのもととなるため摂取することにより緊張や不安を除去してくれます。

セロトニンは他の神経伝達物質であるドーパミン、ノルアドレナリンなどの情報をコントロールし精神を安定させる作用があり ます。

出典:ノルアドレナリンなど神経伝達物質の説明
 こちらもオフィスなどで気軽に食べられるので、ちょっと自分がテンパっているなと感じたときに口にしてみるのはいかがでしょうか。

3, コミュニケーションをとってみる

 一人で焦ってしまうとどんどんテンパりを加速させてしまいます。緊急時のプロフェッショナル消防士も以下のような取り組みを行いながら、非常時の現場でミスなく行動行動をしているそうです。

一人になると視野が狭くなったり、心細さから無駄に焦ってしまうので、消火活動はだいたい二人組になって行動します。特に新人のころは、頼れる先輩やベテランの上司など、自分が特に信頼できる人と行動するようにしていましたね。

出典:消防士に聞く!「非常時のテンパり解消術」 - マイナビスチューデント
 プロジェクトのチームメンバーや上司にとにかく相談したり、行なっていることの確認を行い、自分の現在地を確かめることもテンパり防止策のひとつです。


 テンパりをなんとかしようと思って、やることが山積みなのにさらにミスまで増えてしまってという負のスパイラルに陥ってしまうと抜け出すのはとても大変です。自分がテンパりはじめてしまっていることを感じたら上記を参考に早めに解決策をうっておくと良いですね。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する