1. その飲み方では効果ゼロ!?栄養ドリンクの効果を下げてしまう間違った飲み方

その飲み方では効果ゼロ!?栄養ドリンクの効果を下げてしまう間違った飲み方

 やる気を出して仕事を行うビジネスマンの強い味方である栄養ドリンク。スタミナを十分に補給することで、仕事の効率もよくなりますよね。でも、間違った飲み方をしてしまうと、栄養ドリンクの効果がほとんどない場合もあるそうです。ここでは、栄養ドリンクの効果を著しく下げてしまう間違った飲み方を紹介します。

たくさんの量を一気に飲む

 栄養をたくさん補給しようとして、一気にたくさんの栄養ドリンクを飲むなんてことありませんか?たくさんの栄養ドリンクをいっぺんに飲んでも、栄養ドリンクの効果が増すことはありません。それどころか栄養ドリンクには、糖分や、カフェインが大量に含まれているため、たくさん飲むと体調を崩してしまう場合もありますよ。「栄養ドリンクは1日1本」と決めるようにしましょう。

小分けにチビチビと飲む

 効果を持続させるために、栄養ドリンクをチビチビと分けて飲む場合もあると思いますが、これも実は効果が薄れてしまう原因になります。チビチビと飲むと、しっかりと効果が実感できない場合があるでしょう。栄養ドリンクの効果を得たいのであれば、一本をなるべく短時間に飲むことが重要になります。

風邪薬と一緒に飲む

 風邪気味のときに、栄養を補給する意味で飲む栄養ドリンクも場合によっては逆効果になってしまう場合があるでしょう。多くの栄養ドリンクにはアルコールが微量含まれています。薬とアルコールを一緒に服用してしまうと、薬の効果が出ないばかりでなく、命の危険に繋がってしまう場合があるでしょう。


 成分表示にはアルコールと書かれていない場合でも、栄養ドリンクにはアルコールが含まれている場合がありますので、風邪薬を飲むときは、時間を開けて栄養ドリンクを飲むようにするべきです。

寝る前に飲む

 寝る前に栄養を補給して体に染み渡らせるというのも効果がありません。栄養ドリンクに含まれるカフェインが眠りを妨害してしまい、質の良い眠りが取れなくなってしまいます。寝る前に飲むのであれば、カフェインフリーの栄養ドリンクを飲むといいでしょう。


 ここでは、栄養ドリンクの効果を下げてしまうかもしれない飲み方の一例を紹介しました。栄養ドリンクを飲むのであれば、効果的な飲み方で飲み、やる気やエネルギーを補給しましょう!

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する