1. あなたはどのタイプ?自分の”得意”を発見出来るソーシャルスタイル診断

あなたはどのタイプ?自分の”得意”を発見出来るソーシャルスタイル診断

 ソーシャルスタイル理論というものをみなさんはご存知ですか?ソーシャルスタイル理論は1968年に産業心理学者のディビット・メリルとロジャー・リードによって作られた理論で、人間が習慣的にとる行動傾向を4タイプで判別したものです。

 このソーシャルスタイルを知ることによって、自分の行動傾向から得意分野、不得意分野を判別したり、他者とのコミュニケーションを円滑にしたりすることができます。ちなみに、このソーシャルスタイル理論は株式会社リクルートの研修などでも用いられています。

4つのソーシャルスタイル

 ソーシャルスタイルはドライビング、アナリティカル、エミアブル、エクスプレッシブの4タイプがあります。こちらから簡単に診断出来ますので、自分がどのタイプなのか調べてみて下さいね。
 ソーシャルスタイルは感情表現度と自己主張度(思考表現度)という2つの軸で決定します。

 感情表現度は自分の感情を率直に伝える傾向があるのか、抑制する傾向があるのか、自己主張度は自分の意見を主張する傾向なのか、他人の意見を聞き入れる傾向があるのかというところで判断します。それでは4つのタイプの特徴をみていきましょう。

ドライビングタイプ

by PhotoDu.de / CreativeDomainPhotography.com
 ドライビングタイプは自己主張度が高く、感情表現度が低いタイプです。とにかく行動ありきで、成果にこだわるというような特徴を持っています。仕事でも時間きっちりに行い、無駄がなく合理的でドライというような印象をもたれることも。

 論理だてて物事を考え、他者をひっぱっていく力があるので、ドライビングタイプの人はリーダー的な役回りに立っていることが多いです。

アナリティカルタイプ

by *Zephyrance - don't wake me up.
 アナリティカルタイプは自己主張度、感情表現度ともに低いタイプです。冷静沈着という言葉がぴったりなのがこのタイプ。堅実に物事を考え、行動も石橋を叩いて渡るといった特徴を持っています。また忍耐強いので仕事でのトラブルなどにも着実に対応出来ます。

 落ち着きがありクールな側面を持っているので、フォーマルな場面に向いています。

エミアブルタイプ

by seanmcgrath
 エミアブルタイプは自己主張度が低く、感情表現度が高いタイプです。他人の意見をきちんと受け入れようという傾向があるので、協調性に優れています。仕事でも、自分で成果をあげてバリバリやっていくというよりは周りと強調して行なっていく、という働き方の人が多いです。

 相談を受けたり、周りの意見をまとめたりする役割が得意なタイプです。

エクスプレッシブタイプ

by Arbron

 エクスプレッシブタイプは自己主張度、感情表現度ともに高いタイプです。感覚派、社交派と言われることもあります。とにかく、思い立ったら即行動!考えと行動が一直線に向かうタイプです。

 明るく自信があり、感情表現豊かで社交に向いているタイプなのでムードメーカー的な役割の人が多いのがこのエクスプレッシブタイプです。

4つのタイプを活用する

 このタイプ診断を活用することで、自分の得意な分野を発見したり、他人の得意な分野をみつけて効率の良い仕事をすることが出来ます。

 たとえば、企画を考える仕事と細かい作業のような仕事があったときに、自分がドライビングタイプであれば企画を考える仕事を請け負うのが良いですし、残った細かい作業はアナリティカルタイプの人にお願いすると効率良く仕事を仕上げることが出来ます。

 自分はどのタイプ、仕事のチームメンバーはどのタイプというのをわかっていると仕事を円滑に進めることが出来ますので、是非活用してみて下さいね。


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する