1. 目にだって休憩は必要!仕事による目の疲れをカンタンにとる方法

目にだって休憩は必要!仕事による目の疲れをカンタンにとる方法

by uka0310
 仕事をしていると社内ではパソコンとにらめっこ、外出先ではタブレット、通勤途中はスマホとにらめっこ…こんな方がほとんどではないでしょうか?現代人は目を酷使していると言われており、よって目の疲れを感じている人も多いと思います。目を酷使することは目が悪くなることにもつながりますし、集中力が途切れる原因、その結果ミスを引き起こしてしまうこともあるかもしれません。

 ここではリフレッシュもかねて目が疲れたときにその疲れを取る方法をご紹介します。

【1】目の運動をしましょう

 ずっと同じ姿勢で同じところを見つめていると目の血行が悪くなり、目は疲れてしまうもの。昔から言われているように遠くを見たり、緑を見たりするのも良いですがデスクでも簡単にできる目の運動をしてみませんか。

 まず一つ目は目を思い切りつぶり5秒、そのあと目を大きく開いてみましょう。目の周りで滞っていた血流をぎゅっとする動作とぱっと開く動作で流してあげるのです。次に目玉をぐるぐる回したり、目玉で右を見たり、左を見たり、上下を見たりしてさらに筋肉をほぐし血流を良くしましょう。この運動をすることによって目の疲れが軽減されます。

 また、目の疲れは肩こりや首の凝りからくることがありますので肩を回したり首を揉んでみたりして凝りも解消するようにしましょう。さらにしぶとい目の疲れにはツボ押しをしてみてください。目頭の部分をゆっくりと押したあとにこめかみの部分もゆっくりと数回押します。ツボの刺激によってこの方法でも血流が良くなります。

【2】物を使って解消しましょう

 即効性があるものといえば目薬です。刺激が強いタイプのものが好きな人、ソフトな刺激が好きな人、刺激がないタイプと様々なタイプがありますので自分に合った目の疲れが取れる目薬が一つあると助かります。

 また、普段から目に良いと言われている食べ物のアントシアニンをたくさん含んだブルーベリーを食べることも良いでしょう。

 そして今回お勧めしたいのは、温かい蒸しタオルと冷たいタオルを使った目の疲れを取る方法です。やり方はとても簡単で、暖かいおしぼりを用意し目の上にのせてしばらく休息します。そのあと冷たいおしぼりを目の上にのせてしばらく休息します。すると目の血行が良くなり、疲れが取れてすっきりするのです。温かいおしぼりも電子レンジで温めてしまえば簡単に作れますよ。



 いかがでしたか?長時間目を酷使していると身体にも悪いですし、集中力も切れてしまうと思います。定期的に目の運動をしたり、リフレッシュアイテムなどを用いて、適度に目も休憩させてくださいね。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する