1. その日のうちに片付けよう!仕事の振り返りを行うための3つの方法

その日のうちに片付けよう!仕事の振り返りを行うための3つの方法

by MIKI Yoshihito (´・ω・)
 一日の仕事が終わったとき、その日の仕事の振り返りを行うことはありますか?実は、このように日々の仕事の振り返りを行うと、いくつものメリットがあります。ですから、簡単でも良いので、その日の仕事を振り返るための時間をとる事は重要なのです。では、具体的にどんな方法をとればよいのでしょうか。

1. 振り返りを行いやすいスケジュール管理を行う

 仕事において「進捗状況を毎日記録すること」これは当たり前のことかもしれませんが、実はこの基本を忘れてしまうことにより、問題を大きくしてしまう人が多くいます。

 スケジュールを立てる時に注意したい事は、毎日毎日、結果をつけやすいスケジュールを立てるということです。一日の仕事が終わった時、その仕事の達成度をどのように記録していく事が出来るかを考えてスケジュールを立てると、日々の仕事を振り返った時に、迷うことなく記録していく事が出来ます。

 ですから、簡単に振り返る事が出来るのです。最初に大変な思いをしてスケジュールを立てるのか、後に大変な思いをして工夫した記録を取るのか、選ぶのは人それぞれですが、確信を持って言えることとすれば、両方気にしたほうが一番簡素化できる、ということですね。

2. 他の人にも聞いてみる

 自分自身の仕事を振り返る、という方法を聞くと、多くの人は自分でそれを行わなければならないと思うかもしれませんが、手を抜くことなく仕事に向かっている人であれば、その日の働きっぷりを人に評価してもらうということだって有効な手段の一つです。

 なぜなら、自分の働き方を少し離れたところから冷静に見ることは、人生経験を積んでいないとなかなか難しい事と言えるからです。ですから、ふさわしい同僚に自分の仕事ぶりを聞いてみるということは、思っているよりも効果的な場合もあります。ただ、聞こうと思っている同僚がどのくらい忙しいのかということも、しっかり考慮しておくべきでしょう。

3. 記憶が新しいうちに行う

 人間の記憶力は、非常に曖昧なものです。ですから、昨日感じていたことを今日振り返るのではなくて、記憶が新しい時に、まさにすぐに行うことが効果的です。そうすることで、すぐに記憶は定着し次の日以降も意識することができるようになります。


 以上の3つの方法を実践し、その日のうちに振り返りを行うことでその日してしまったミスや、失敗などを次の日に活かすことができますし、明日からの予定を再構築することもできるようになります。ぜひ仕事を振り返り、効率的に仕事をこなしてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する