1. 抜け漏れを失くすには?仕事を忘れやすい人がやってしまいがちなミス3選

抜け漏れを失くすには?仕事を忘れやすい人がやってしまいがちなミス3選

 仕事を頼んでも、頼まれた人が忘れてしまっては仕事に支障が出てしまいます。また、頼まれた仕事を忘れやすい人というのは、どうして頼まれた事を忘れてしまうのでしょうか。そのような人たちに共通する特徴とはどのようなものでしょうか。今回は、頼まれた仕事を忘れやすい人に共通する特徴と対策について見ていきましょう。

1. 責任感が足りない

 仕事を頼まれても忘れてしまう、もしくは忘れやすいという人の原因はどこにあるのでしょうか。その理由の一つに、責任感の欠如があります。頼まれた仕事を忘れてしまった場合、いかに迷惑をかけることになるのか、その責任感があれば、忘れる事態は起きにくくなるでしょう。

 仕事を頼まれた以上、必ずその仕事を仕上げる必要があるという自覚を持ち、責任感を持って仕事を成し遂げなければなりません。頼まれた仕事を忘れやすいという人は、本人に悪気がないにしても、責任感が欠如しているという特徴があるのです。仕事を頼まれたことに対する責任感を持って、仕事に取り組むべきでしょう。

2. 注意力散漫である

 頼まれた仕事を忘れやすい人のもう一つの特徴は、注意力が散漫ということです。注意力が散漫なため、仕事のスケジュール管理においてもアバウトさが出てしまいます。結果、頼まれた仕事を忘れてしまうという事態が発生するのです。そういう人はもともと注意力が散漫な場合と、他の仕事が忙しすぎて注意力が散漫になっているというケースが考えられます。

 そういう人には、頼んだ側から、頼んだ仕事が進んでいるか、間に合うか繰り返し確認することで、仕事を忘れやすいというミスが防げるでしょう。その他の場合でも、一時的な注意力散漫になっているだけですから、その原因が取り除く手助けをしてあげると「忘れる」という事態は減ってくるでしょう。

3. 仕事のスケジュール管理の甘さ

 頼まれた仕事を忘れやすい人に見られる特徴として、仕事のスケジュール管理の甘さがあります。自分のやるべき仕事の全体量を把握していないので、頼まれた仕事も他の仕事に埋没してしまい忘れてしまうのです。

 きっちり仕事のスケジュールを管理して、頼まれた仕事をいつまでに仕上げればよいのかを明確にする、ということを徹底すれば仕事への意識も高まるかもしれません。


 以上、頼まれた仕事を忘れやすい人の特徴について、まとめてみました。仕事を頼まれた以上、仕上げるのは当然です。頼まれた仕事を忘れるといった事態を引き起こさないように、心して仕事に取り組みましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する

この記事の関連キーワード