1. 【仕事がスムーズに進む】目標達成に必要な行動計画で意識すべき3つのこと

【仕事がスムーズに進む】目標達成に必要な行動計画で意識すべき3つのこと

 仕事を効率的に進める方法の一つに、行動計画を立てることがあります。行動計画は携わる仕事の目標や1日のタスクを達成するためにとても重要な役割を担うのです。では、効率的な行動計画を立てるために必要なことは何でしょうか。ここでは、目標を達成するための行動計画を考える上で意識すべきことを見ていきます。

1. 目標から逆算して行動計画を考える

 1つ目は、目標から逆算して行動計画を考えること。まずは、目標を達成させるために何をしなければならないのか考えます。それができたら、すべきことを時系列に表してみます。こうすることにより、いつまでにこの仕事を終えなければならないと分かるので、計画的に仕事が行えるようになると思います。

 これは1日単位の行動計画以外にも応用できます。プロジェクト毎の計画、自分自身の年間計画、キャリアビジョンを考える上での計画など、逆算を意識すると目的は違えど、しっかりとした行動計画が立てられるようになるでしょう。

2. 仕事の重要度を意識する

 2つ目は、仕事の重要度を意識すること。行動計画上では、どの仕事も同じ重要度を持っているかのように見えることが多いと思います。しかし、実際の仕事においては、仕事の重要度は違います。仕事の質を高める上でも、行動計画を考える上で仕事の重要度にも意識を向けるべきです。

 重要度が高い仕事には、しっかりとした時間を使い仕事が行えるように、行動計画に盛り込むように心掛けましょう。

3. 行動計画に柔軟性を持たせる

 3つ目は、行動計画に柔軟性を持たせること。行動計画を一回立ててしまえば、その計画に沿って仕事を行っていくのはごく普通のことです。しかし、時として計画していた時よりももっと良いアイデアが出てくる場合や、逆に思うように計画通りに行かないことも出てくる場合もあります。こうしたことに対応するためにも、日々の仕事の中で行動計画に微調整を加えて、目標を確実に達成できるように目指すようにします。

 一度決めた行動計画に従うだけではなく、柔軟性を持たせ目標を達成することが重要となってきます。


 今回紹介したポイントを意識して行動計画を考えると、しっかりとした行動計画が立てられるでしょう。そして、しっかりとした行動計画が出来てしまえば、後は日々微調整を加えながら仕事を進めて行けば、自然と目標を達成していくはずです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する