1. 仕事で挫折しそうになったらこれを読むべし!江戸時代の偉人の名言3選

仕事で挫折しそうになったらこれを読むべし!江戸時代の偉人の名言3選

by Nisa Yeh
 仕事で失敗してしまった時、仕事に対して挫折してしまいそうになることがありますよね。今回は仕事で失敗し、挫折しそうになった時に読みたい江戸時代の偉人達の名言について見ていきましょう。

徳川家康の名言

勝つことばかり知りて 負くるを知らざれば 害その身に至る

出典: 徳川家康の名言|東照宮遺訓 - 名言DB
 江戸時代を築いた徳川家康の名言です。誰でも勝ち続けたいと願いますが、負けたときにこそ学べる事があるというのも事実。勝つばかりではなく、負けることにも大きな価値があるのです。自分が成長するためにはその挫折も必要なことと考えてみてはいかがでしょうか。挫折から学ぶことが必要ですね。

宮本武蔵の名言

我事において後悔をせず。

出典: 名言名句 第三十一回 独行道 我事において後悔をせず。 - 言の葉庵
 江戸時代の武将宮本武蔵の名言です。誰でも、失敗をしたくない、挫折もしたくない。後悔もしたくない。スムーズに生きたいと思うものです。しかし、人は失敗をして間違って、挫折をしたりを繰り返してしまう生き物でもあります。

 あまりにも挫折感に苛まれて後悔の考え方に偏ってしまいそうなときには、この言葉を思い出し、マイナス思考への考え方をストップさせてみましょう。

坂本竜馬の名言

おれは落胆するよりも次の策を考えるほうの人間だ

出典: おれは落胆するよりも次の策を考えるほうの人間だ 坂本竜馬 - 名言から ...
 この中では唯一、江戸時代後期の偉人である坂本龍馬の名言です。落胆していたり、挫折感を感じている暇があったら、次の策、どうすれば良くなるか、どうすれば改善できるのかを考えた方が手っ取り早いですよね。

 また自分自身にも得な考え方だと言えるでしょう。誰でも最初はうまくいかないことがあれば落胆してしまうと思います。しかしそれに時間を費やしてしまうのはもったいない、時間の無駄だという事がこの名言からもわかるでしょう。


 いかがでしたでしょうか。後悔をしないように、自分の選択を信じて仕事をする。たとえ挫折があったとしても、それをいい経験としてプラスにとり、次の仕事に生かしていくことが大切ですね。仕事だけではなく生きていく上でも必要な考え方かもしれません。ぜひ、江戸時代の偉人達の名言を胸に留めて、挫折しないよう前向きに仕事をしていきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する