1. 職場が暑い!そんな時でも仕事に対する集中力を保つための3つの方法

職場が暑い!そんな時でも仕事に対する集中力を保つための3つの方法

by emdot
 夏場になると、仕事をするオフィスといえどもかなり気温が高くなる日もあります。また、最近は節電を行うように会社全体で取り組んでいるところも多く、人によってはオフィスが暑いという事に、悩まされている人もいるでしょう。その場合、どうしたら暑さの中で集中力を保つ事ができるのでしょうか。今回は、そんな暑さの中でも集中力を保つための方法を紹介したいと思います。

色々なグッズを使って暑いという事自体を防ぐ

 まずは暑さ自体を防ぐというのが最善の方法でしょう。ですが、節電を行っている会社などだと、冷房も個人にあわせて入れる事が不可能でしょう。ですので、いろいろなグッズを上手に利用して、暑さを防ぐしかありません。

 例えば自分のデスクに卓上の扇風機などを置いてみるのも良いでしょう。また、あまりにも暑いと感じたら、おでこに貼るような冷却シートを使うのも、暑さをしのぐのに有効です。そういった冷却グッズを上手に生かして、物理的に体を冷やし、集中力を保つようにしましょう。

精神的に自分にプレッシャーをかける

 上記のように、色々なグッズを使えるような職場ならそれでいいですが、全ての職場がそうというわけではありませんよね。そんな時、精神的に暑さをしのぐ方法として有効なのは、仕事が万が一納期に間に合わなかったといった状態を想定し、それにより起こりうるデメリットを考え、自分にプレッシャーをかけるという方法です。

 例えば納期ぎりぎりで仕事が間に合うか分からない状態ではプレッシャーがかかっていますから、食事に行く時間も惜しいとか食べ物がのどを通らないという状態になるでしょう。

 仕事が間に合わなかったらという事をリアルに想像し、精神的なゆとりをいい意味でなくしてプレッシャーをうまくかけるのです。そうする事で、オフィスの暑さが気になるどころではないという気分になり、暑いのなんのといってはいられなくなります。

会議室などをうまく活用する

 オフィスがあまりに暑い場合、集中力が保てず仕事にならないといった人は、他にも何人かいるはずです。そういう時に会社の会議室などが開いていたら、エアコンを入れて気温を低めに設定し、どうしても暑さが厳しく仕事にならない人が使えるように開放するのも一つのアイデアになります。

 いつも同じ人が入り浸らないように気をつける必要がありますが、集中力を保つためにはある程度快適な環境を整える必要もあります。特に会議をする場合、参加者が暑くて集中できなければ、結果的に会議を行う事の生産性が下がり、仕事において良い結果を出せないので、そういう重要なシーンではエアコンを入れて暑さをしのぐという事も大切です。


 以上、夏場の仕事でオフィスが暑いと思った時でも、集中力を保つ方法を紹介しました。上手に涼しさを取り入れて、暑い時期を何とか乗り切りながら仕事に対しても集中力を保つように心がけましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する