1. 向いてる仕事って何だろう?自分に合う仕事を見つけるために行っておくべきこと

向いてる仕事って何だろう?自分に合う仕事を見つけるために行っておくべきこと

by Airwolfhound
 「自分に向いている仕事って何だろう?」そう考えたことはありませんか?毎日の仕事をストレスなくこなしていくためには、自分に向いてる仕事を見つける事が重要です。どんなに労働条件の良い仕事でも、自分の向いていない仕事を続けるのは精神的にも辛いですよね。

 では、自分に向いてる仕事を見つけるためには、どのようにすればよいのでしょうか?今回は、自分に向いてる仕事を見つけるために行っておくべきことを紹介します。

【1】自分の欲求を認識する

 欲求とは行動原理の水面の徒であり、欲求を充足させてくれるような仕事を見つけることができれば、その仕事は自分に向いているということになります。この欲求は大きく分けて、外面的欲求と内面的欲求に分かれます。

 外面的欲求とは、他者や社会とのかかわりの中で満たされる欲求のこと。人に喜ぶ顔が見たい、誰かに褒められたい、表彰されたい、名誉を獲得しい、社会的地位の高い仕事に就きたい、といった欲求は他社や社会の中で満たされるべき欲求です。

 内面的欲求とは、自分の中にある欲求です。納得のいく仕事がしたい、こだわりたい、知りたい、理論を証明したい、法則を発見したい、というような欲求は、自分自身の内側にある欲求の一例です。

 どのようの欲求を自分が抱えているのかを知ることができれば、自分に向いている職業を知ることができます。例えばラーメン屋を開く場合、社会的な欲求が強ければ、とにかく店舗を増やして大きくチェーン展開をすることに喜びを感じるでしょう。自分のこだわりが強ければ、自分の納得のいく味のラーメンを作ることが欲求を満たすことになります。お客の喜ぶ顔を見たいのであれば、テーマパークのような店舗を作る方向に進むかもしれません。理論を証明したいのなら、独自の経営理論で店舗経営をすることが喜びになります。

 このように、同じ職業であっても欲求の種類によってふさわしい仕事の方向性は異なります。自分に向いている仕事を探すのであれば、自分の欲求を認識することが大切です。

【2】我慢できないことを確かめる

 自分に向いてる仕事を探すということは、逆に向いてない仕事を避けるということでもあります。そのためには自分が我慢できない事や苦手なことを確かめておかないと、いつまでたっても向いてる仕事を見つけることはできません。

 再びラーメン屋の例を挙げると、仕事に対してどこまで我慢できるのかというのが一つのポイントになります。こだわりを捨てられるのか、食材を廃棄することに我慢できるのか、気に入らない客にも頭を下げることができるのかなど…。自分が我慢できる限界のラインを確かめておくことが、自分の向き不向きを確かめることになります。

 血を見るのが苦手で現場を離れた医者や、食べ残しが出るのが嫌で店を移った料理人なども実際にいるそうです。自分の苦手なものを認識していれば、より自分に向いてる仕事を見つけることができるようになります。



 いかがでしたか?自分に向いてる仕事を見つけるということは、職種や業種を選ぶということではありません。重要なのは、自分が何に喜びを感じ、逆にどういったときにストレスを感じるのかを知っておくことです。それがそのまま、あなたのの適性となってくるでしょう。自身の適性をしっかりと認識し、それに合った仕事を探してくださいね。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する