1. 仕事のムラをなくしたい!「安定感」を得るための3つの方法

仕事のムラをなくしたい!「安定感」を得るための3つの方法

 
by Björn Strey
 「仕事に安定感がほしい…」そう感じたことはありませんか?上司にとって、あるいはクライアントにとって、仕事を依頼する場合「安定感」というのは非常に大きなポイントとなります。仕事にムラがあるようでは、上司も安心して仕事を任せられませんよね。

 では安定感がある仕事をするにはどうすればいいか?いくつかの方法を挙げてみます。

1.失敗に対する自己評価をしよう

 安定感がある仕事をするというのは、失敗が少ない仕事をするということでもあります。失敗をしない人間なんて、この世にいません。ですが、失敗をした時こそそれを経験則として失敗を減らしていくことはできます。

 仕事で失敗すると、そこから目をそらしたくなるかもしれません。或いは「失敗したことは忘れて前を向こう」などというアドバイスをする人もいるでしょう。しかし、失敗から目をそらし、忘れてはいけません。

 後ろ向きにウジウジ失敗を悔いるのは意味がありません。ただ後悔するのではなく、失敗した自分を分析・評価しましょう。どうすれば同じ失敗をしないで済むか、仮に同じ失敗をしてしまったときにどう対処すればいいかをきちんと考えておくことが大切です。そうすれば全体的な失敗は減っていき、それが安定感のある仕事につながります。

2.常にスキルを高める努力を

 常に自分の能力いっぱいいっぱいの仕事をやっていては安定感は望めません。仕事に対して求められる能力より一段二段高い能力があってこそ、余裕をもって安定感のある仕事をすることができます。マラソンで安定した走行をするためには、普段からフルマラソンを二本走れるぐらいの準備をしておかねばならない、というのと同じことですね。

 スポーツや武道の世界には「稽古は本番のつもりで、本番は稽古のつもりで」という言葉があるそうです。これは普段の練習は本番のつもりで全力で行うことで、本番は精神的・体力的に余裕をもって挑めるようになれということですが、仕事でも同じこと。常に仕事を想定して高いスキルを身につける努力をし、実際の仕事は余裕をもって挑めるようになれば、安定感がある仕事をすることができます。

3.日常的な健康管理を忘れずに

 しかし上記二つのことを心がけていても、健康管理がなっていなくて体調にムラがあるようでは、やはり安定感がある仕事はできないものです。運動・食事・睡眠などに日常的に気を使い、体調が万全であれば脳は健全に働き、多少疲れても仕事効率は落ちにくくなります。つまり、安定して体調を良くしておくことが、安定感ある仕事を支えるのです。

 いかがでしたか?「安定感がある」と聞くとあまり目立つことはなく、地味に仕事を続けていくというイメージを持たれるかと思います。しかし安定感がある仕事をする方法を実践できれば、上司やクライアントにも信頼され続け、その分長く仕事を続けることができるのです。上記の方法を実践し、あなたも多くの方に信頼されるような安定感を身に着けてくださいね。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する