1. 諦めていませんか?「頭の回転が早い」ビジネスマンになるための効果的なトレーニング

諦めていませんか?「頭の回転が早い」ビジネスマンになるための効果的なトレーニング

by Aero Icarus
 「頭の回転が速いビジネスマンになりたい!」そう感じている方も多いと思います。ビジネスの場において常に機転が利く、つまり頭の回転が早い人というのはとても重宝されます。

 「頭の回転の早さなんて鍛えることできるの?」と思われる方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。正しいトレーニングを日々行うことで、頭の回転を早くすることは十分に可能です。今回は、頭の回転を早くするトレーニング方法について紹介していきます。

1.積極的にコミュニケーションを取る

 頭の回転を早くするためのトレーニングとして効果が高いのは、コミュニケーションです。人とのコミュニケーションは、一般的に決まったルールに則って行われるものではありません。同じ話題であってもその時その時に応じて違ったやり取りとなるため、柔軟な思考を養うことにつながります。

 また何かを説明する場合には、どのように伝えれば最も分かりやすく相手に伝わるのかを頭の中で考えるようになるため、自然と想像力や洞察力が鍛えられ、結果的に頭の回転を早くすることにもなるのです。

2.未経験のことに挑戦する

 人間の脳は機械的に同じことばかりを延々と繰り返していると、徐々に考える力や想像力などが劣化してしまうもの。こうした劣化を防ぎ、考える力などを高めるためには、今まで体験したことのない新たな物事に挑戦することがベストです。未経験の物事に挑戦することで、脳が刺激され活性化するのです。

 未経験の物事というと難しいイメージを持つ方もいるかもしれませんが、そう難しく考える必要はありません。例えば、普段と違うルートで通勤してみる、行ってみたかったお店に行ってみるなどすぐに出来る簡単なことでも十分に効果がありますよ。

3.運動を取り入れる

 適度な運動も頭の回転を早くすることには欠かせません。これは、ウォーキングやランニングなどの運動により体内の血流が正常に流れるようになり、脳に栄養素が回りやすくなるためです。特に糖質と酸素は脳の活動の活性化に大きく影響する要素。血流の流れが正常でないと糖質と酸素が脳に十分運ばれず、思ったように頭を回転させることが出来ません。

 運動と言っても汗をたくさんかくような激しいスポーツをする必要はありません。ひと駅早く下りて歩いて会社に行ってみたり、昼休みに会社の周辺を歩いてみるといった簡単な運動を取り入れるように心掛けてみましょう。



 いかがでしたか?以上、上記のようなほんの少しの工夫を取り入れるだけで、あなたも「頭の回転が速い」と言われるようになるかもしれません。頭の回転の早さは、その人の会社や上司からの評価に直結する大切な能力ですので、積極的に鍛えるようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する