1. 【社会人の欠かせないマナー】お中元に贈るものを考える際に気をつけたいこと

【社会人の欠かせないマナー】お中元に贈るものを考える際に気をつけたいこと

  • 4121views
  • 0fav

 お中元をいざ贈ろう!と思ってもなかなかアイディアが思い浮かばなかったり、どうしたら良いかがわからない…なんて人は多くいるでしょう。もし失礼をなことをしてしまったら、常識のない人というレッテルを貼られてしまうかもしれませんね。そこで、ここではお中元を考える際に気をつけたいことについて述べていきます。

まずはお中元って何?

 お中元に贈るものを考える際に一番に考えるべきことは、お中元が何であるかということです。社会的に一般的だしとりあえず…となんとなく贈ることはやめましょう。

 お中元とは、日頃お世話になっている人に向けて感謝の気持ちを示したり、その人の健康を願って贈るものです。最近ではお中元は贈らないという人も多くいます。しかし、日頃面と向かって言えないという人は是非、お中元を贈ってみましょう。

何を贈れば良いの?

 お中元で贈るものを考える時、「一体何を贈れば良いんだろう…」と悩んでしまいますよね。そんな時に思い出してほしいのは、先ほど述べたお中元の目的です。お中元とは、相手のために贈るものですよね。ということは、何を贈ったら良いかが分かってきませんか?

相手の欲しいものを贈ろう

 相手を思って贈るということは、相手の欲しいものを贈ることが最も良いという答えが出てきませんか?

1ビール50.2%
2各種商品券23.5%
3お菓子・デザート21.9%
4ハム・ソーセージ19.1%
5カタログギフト16.6%
6産地直送の魚介類(かに、鮭等)13.7%
7ジュース飲料(100%果汁等)12.2%
8産地直送の野菜・果物12.1%
9コーヒー・お茶11.2%
10地酒(日本酒、焼酎)10.7%

出典:今年もやってきました『お中元』、さてどうする? | 毎週アンケート | ハピ研 ...
 上記は、お中元に貰ったら嬉しいギフトのランキングです。もし相手がビール好きの場合はビールを、甘いものが好きな人にはお菓子やデザートを…というように相手のことをじっくりと考えてみて相手にピッタリのギフトを見つけましょう。

商品券ってどうなの…?

 先ほど、お中元に貰ったら嬉しいギフトの2位に「商品券」がランクインしていましたね。しかし、お中元に贈りたいもののランキングには商品券はランクインしていません。どうしても金額が露骨に分かるものは避けてしまいたくなるようです。実際には、商品券をお中元として贈ることはマナー違反なのでしょうか?

 お中元に商品券を贈ることはマナー違反ではありません。相手のことを思いやることが最も大切なことです。相手がそれを貰って嬉しいだろうなと感じる場合は失礼にあたることはありません。

 しかし、それでもやっぱり躊躇してしまう…という人はカタログを贈って相手に選んでもらうという形をとるのがオススメですよ。


 そろそろお中元を贈ろうと考えている人は上記のことを参考にして、失礼のないお中元を選んでみてくださいね。しっかりと感謝の気持ちを込めれば、相手に不快な思いをさせることはありません。お中元に手紙を添えてあげるのも良いですね。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する