1. お中元の時期、間違えてない? 役立つお中元マナーと相手別のおすすめお中元ギフト5選

お中元の時期、間違えてない? 役立つお中元マナーと相手別のおすすめお中元ギフト5選

 本格的な夏が近づいてくると、百貨店などにお中元のギフトが並び始める。「お中元の時期っていつ? 何を贈ればいいの?」と悩む人も多いことだろう。

 今回は「そもそもお中元って何?」「お中元の時期っていつ?」「お中元のマナーって?」「何を贈ればいいの?」などの、お中元に関する様々な疑問に答えていく。最後には、おすすめのお中元ギフトも紹介しているので、ぜひ参考にしてほしい。
目次
+ + お中元の由来は贖罪? そもそもお中元ってなに?
+ + 地域によってお中元の時期は違う! お中元を贈る正しい時期
+ + 時期だけじゃない! 絶対に気をつけたいお中元マナー
+ + お中元のお返しはお礼状でいい
+ + 【相手別】迷ったらコレ!おすすめお中元ギフト5選

お中元の由来は贖罪? そもそもお中元ってなに?

 日本では毎年、7月ごろにお中元を贈ることが慣習になっている。しかし、「形式的にお中元を贈ってはいるけど、なんで贈っているのかはわからない……」という人も多いのではないだろうか。お中元の起源を紐解いていこう。

お中元の起源

 中国三大宗教の一つ「道教」の年中行事に「三元」がある。三元は、上元(旧暦1月15日)・中元(旧暦7月15日)・下元(旧暦10月15日)に分けられ、それぞれの日が道教の神の誕生日だ。中元に「お中元」の起源がある。

1月15日の上元、10月15日の下元と並ぶ中国の道教の三元信仰の一つで、陰暦7月15日をいう。善悪を判別し人間の罪を許す神(地宮)を祭る贖罪(しょくざい)の日とされたが、これが仏教の盂蘭盆会(うらぼんえ)と結び付いて祖先崇拝行事になった。
〈日本百科全書(ニッポニカ)の解説〉

出典:中元(ちゅうげん)とは - コトバンク
 中元は「罪を許す神」を祝う日で、仏教の盂蘭盆会(うらぼんえ)と混ざり合い日本に伝わる。

 日本古来の「先祖が霊となり、あの世から現世へ戻り、再びあの世へ帰っていく」という信仰と、中国より伝わった中元の風習が混ざり合った。その結果、先祖を供養するために、送り火を焚き、お供え物を用意するなどの「お盆」の文化が日本に定着していく。

 盂蘭盆会(うらぼんえ)が、旧暦7月15日を中心に4日間(旧暦7月13日〜旧暦7月16日)行われていたこともあり、日本のお盆も旧暦の7月15日を中心に営まれていた。

 江戸時代などには、親族間で先祖へのお供え物として、白米や麺類、果物を贈り合うことが盛んだった。

お中元は相手への感謝の気持ちを表すもの

 お盆の時期に、先祖へのお供え物を贈り合う文化は、親類やお世話になった人にも贈り物をするという文化に発展していった。これが現在の「お中元」である。

 親類やお世話になった人にお中元を贈るときには、感謝の気持ちを込めよう。また、お中元には「いかがお過ごしですか」との季節の挨拶の意味もある。

地域によってお中元の時期は違う! お中元を贈る正しい時期

 あなたは、お中元の時期がいつからいつまでかを、知っているだろうか。「お中元の時期」と一口にくくることはできない。実は地域によってお中元を贈る時期は違うのだ。

 お中元の時期は、関東と関西でも違えば、九州でも違う。遠くに住んでいる親戚などには、地域差を考慮してお中元を贈らなければならない。お中元の時期について、「夏の初め」という曖昧な認識ではマナー違反をしてしまうかもしれない。

お中元の時期はお盆の時期に合わせる

 お中元は、お盆の時期に合わせて贈る。ただし、お盆の時期は地域によって異なる。

 明治時代に、日本の暦の数え方が、太陰暦(旧暦)から世界標準の太陽暦(新暦)に変わった。そして、お盆の時期も、新暦の7月15日あたりに変わった(7月盆)。都市部のお盆は、新暦に合わせていることが多い。

 しかし地方では、新暦のお盆の時期は、農作業の繁忙期だ。お盆どころではない。そのため、新暦の盆の時期から1ヶ月遅らせて、8月15日あたりに「月遅れ盆」が作られた。地方には「月遅れ盆」の文化が根強い地域が多い。

お盆の時期

  • 7月盆:7月15日(新暦)を中心に数日間
  • 月遅れ盆:8月15日(新暦)を中心に数日間
  • 旧盆:旧暦の7月15日を中心に数日間。
    ※旧暦の7月15日は年によって変わる。2017年は9月5日が対応している。
 お中元とお盆はセットなので、お盆の時期の違いによって、お中元を贈る時期も異なる。お盆に間に合うようにお中元を贈ろう。

【地域別】お中元を贈る時期 

 お中元を贈る時期は、主に東と西で大きく異なる。自分が関東に住んでいても、他の地域にお中元を贈る際は要注意だ。

 近年、百貨店やネットショップのお中元商戦の影響、地域差の影響で、全国的にお中元の時期が早まる傾向がある。都市部では6月下旬にお中元を贈る人もいるようだ。

 とはいえ、お中元の時期を守って贈れば、相手に好印象を与えられるはずだ。相手が住んでいる地域のお中元の時期に合わせて、スマートにギフトを贈りたい。
主な地域別のお中元の時期
 関東地方は、新暦のお盆の時期にあわせてお中元を贈る。また、山梨県は日本八地方区分では中部地方に分類されるが、お中元の時期は関東地方と同じだ。東京に隣接していることが理由の一つと考えられる。

 東北地方は関東地方のお盆の時期に合わせてお中元を贈ることが多い。ただし都市部以外では、お中元の時期を関東に合わせていない地域もある。お中元を贈るときは、相手に最適な時期を聞いたほうがいいだろう。
 北海道と中部地方・近畿地方・中国地方・四国地方では、月遅れ盆の文化がある。しかし、関東から7月盆の時期にお中元が贈られてくる影響もあり、7月15日~8月15日までの1ヶ月間が、お中元を贈る時期になっている。

 また、一部地域では、8月1日~8月15日がお中元を送る時期だ。相手に確認を取り、相手に合わせた時期にお中元を贈ろう。

九州地方のお中元の時期

  • 8月1日〜8月15日まで
 九州地方では、月遅れ盆の文化が根強い。お中元の時期は関東と比べると、一ヶ月遅れている。

沖縄のお中元の時期

  • 旧暦7月15日までに送る
 特に気をつけるべきは沖縄だ。沖縄には、今でも根強く旧盆の文化が残っている。また沖縄には、新暦に合わせた7月盆や月遅れ盆にお中元を贈る文化はない。

 沖縄には、旧盆の時期(旧暦7月15日あたり)に届くようにお中元を贈ろう

 旧暦の7月15日は年によって違うので、毎年確認が必要だ。ちなみに、2017年は9月5日が、旧暦の7月15日に当たる。2017年は8月末~9月5日までの期間に届くようにお中元を贈ろう。

時期を逃したら「暑中見舞い」「残暑見舞い」として贈る

 お中元の時期を逃してしまった場合には、「暑中御見舞」や「残暑御見舞い」として、お中元の品を贈ればいい。ただし、目上の人に贈るときは、表書きを「暑中御伺」「残暑御伺」と書こう。

 また、「暑中見舞い」「残暑見舞い」にも期限があるので要注意だ。「暑中見舞い」は立秋まで、「残暑見舞い」は8月末までに贈らなければならない。

 立秋も年ごとで日が変わるので、毎年確認しよう。2017年の立秋は8月7日だ。

お中元の時期を逃してしまったときは

  • 「暑中見舞い」としてお中元を贈る:7月15日〜立秋まで
  • 「残暑見舞い」としてお中元を贈る:立秋〜8月末まで

時期だけじゃない! 絶対に気をつけたいお中元マナー

 お中元は、日頃お世話になっている人への贈り物だ。失礼のないよう、マナーを守って贈りたい。お中元を贈る時期以外にも、気をつけるべきマナーについて紹介する。

お中元を贈ってはいけない相手

 相手の職業によっては、物品の贈答が禁止されている場合もある。代表的なのが、公務員や政治家だ。公務員や政治家は、利益供与を防ぐために贈答品のやりとりが禁止されている。

 一部の民間企業でも、「儀礼禁止」として、お中元やお歳暮を送り合うことが禁止されている会社もある。贈答品のやりとりによって発生するトラブルを避けるためだ。

 お中元を贈る前に、相手の職業や会社が贈答品を禁止しているかどうかを確認しよう。

お中元の相場は?


 特別お世話になった相手には1万円以上、両親や上司には5000円程度、友人や身近な相手に対しては3000円程度の予算を考えれば問題はないだろう。いずれにしても、お互いの負担にならない程度の金額のものが適切だといえる。

お中元を貰ったら…

 お中元は、相手への感謝の気持ちを表すものだ。相手が喜ぶギフトを選ぼう。お酒が飲めない人にお酒を贈ったり、家族が少ない人に大量の食材を贈ったりするのは避けたほうがいい。お中元を贈る際は、相手についてのリサーチが必要だ。

 「相手が欲しいものは何なのか」を考え、相手に喜んでもらえるようなお中元を贈ろう。

お中元の贈り物NG集

 言葉から縁起の悪いものを連想させる品や、失礼な意味合いを含む品など、お中元としてふさわしくない品物もある。

お中元では避けたい7つの品

  • ハンカチ:手巾から手切れを、手切れから縁を切ることを連想させる
  • ハサミなど刃物:「切る」もの。ハンカチと同じく、縁を切ることを連想させる
  • 敷物・履物:「踏みつける」ものなので、相手に対して失礼
  • 下着:モラル的にNG。「下に身につける」ものなので、相手に対して失礼
  • くし:「苦(く)死(し)」を連想させ、縁起が悪い
  • 文房具:「もっと勉強しなさい」という意味を含む。目上の人に対しては失礼
  • 現金・商品券:「お金に困っている」「貧乏」ということを連想させ、目上の人に対しては失礼

送り状をつける

 お中元は、品物だけを贈ればいいというものではない。必ずメッセージも一緒に送ろう。品物だけを送りつけることは相手に失礼だ。

 親しい間柄なら、メールや電話で「お中元を贈ったよ」などと連絡をすればいい。しかし、目上の人やお世話になった人に対しては、送り状をつけるのがマナーだ。

 送り状は、お中元に添えて送るか、お中元が到着する2〜3日前に届くように送ろう。基本的には、お中元に添えて送って問題ない。

 しかし、フルーツやアイスクリーム、生ものなどを送る場合は、お中元の到着日を、送り状で事前に知らせた方がいい。送り状がなく、品物の到着日に相手が家にいなかったとなれば、品物を腐らせてしまうこともあるからだ。

 送り状は、「時候の挨拶」「日頃の感謝の気持ち」「贈り物について報告」「今後のおつきあいのお願い」「結びの言葉」で構成される。以下は上司と取引先に送り状を送る際の例文だ。参考にしてほしい。

【例文】上司への送り状:事前に送る場合

  • 拝啓
    盛夏の候 ○○部長につきましてはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
    平素は、格別のご厚情を賜わり厚く御礼申し上げます。

    日頃のご厚情の御礼に、心ばかりの品ではございますが、〇〇デパートから○○を、別便にてお送りいたしました。○月○日にお手元に届くと存じますので、
    ご笑納いただけると幸いです。
    今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

    末筆ではございますが、まだまだ暑さが続きますので、どうかご自愛ください。略儀ながら書中をもってお中元のご挨拶を申し上げます。
    敬具

【例文】取引先の担当者への送り状:事前に送る場合

  • 拝啓 
    盛夏の候 ○○様につきましてはますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。
    平素は、格別のご愛顧を賜わり厚く御礼申し上げます。

    日頃のご厚情の御礼に、心ばかりの品ではございますが、〇〇デパートから○○を、別便にてお送りいたしました。○月○日にお手元に届くと存じますので、
    ご笑納いただけると幸いです。
    今後とも引き続きご支援のほどよろしくお願いいたします。

    末筆ではございますが、○○様のますますのご健勝をお祈り申し上げます。本来であれば、直接お伺いするべきところ、大変失礼と存じてはおりますが、略儀ながら書中にてお中元のご挨拶とさせていただきます。
    敬具

【例文】上司へ送り状:贈り物に添付する場合

  • 拝啓
    盛夏の候 ○○部長につきましてはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
    平素は、格別のご厚情を賜わり厚く御礼申し上げます。

    日頃のご厚情の御礼に、ささやかな品をお送りいたしましたので、ご笑納いただけると幸いです。
    今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

    末筆ではございますが、まだまだ暑さが続きますので、どうかご自愛ください。略儀ながら書中をもってお中元のご挨拶を申し上げます。
    敬具

【例文】取引先の担当者への送り状:贈り物に添付する場合

  • 拝啓 
    盛夏の候 貴社(○○様)につきましてはますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。
    平素は、格別のご愛顧を賜わり厚く御礼申し上げます。

    日頃のご厚情の御礼に、ささやかな品をお送りいたしましたので、ご笑納いただけると幸いです。
    今後とも引き続きご支援のほどよろしくお願いいたします。

    末筆ではございますが、貴社(○○様)のますますのご健勝をお祈り申し上げます。本来であれば、直接お伺いするべきところ、大変失礼と存じてはおりますが、略儀ながら書中にてお中元のご挨拶とさせていただきます。
    敬具

熨斗紙(のし紙)で贈り物を包む

 熨斗紙(のし紙)は、祝い事や弔事の贈り物に添えるものだ。お中元の贈り物にも、熨斗紙を添えるのがマナーだ。

 熨斗紙は、熨斗(のし)という「のした鮑」を模した飾りと、赤白、赤金などの飾り紐からできている。それぞれ飾りを作って、贈る品を装飾していた。

 しかし今は、熨斗と水引を紙にプリントして、贈り物を包むことが多くなっている。特に大事な人にお中元を贈る場合は、熨斗と水引は実物を用意したほうがいいだろう。
 熨斗(のし):黄色い棒が「のし鮑」を模している。

 水引:贈答品をしばる紐。魔除けや人と人を結びつけるなどの意味を持つ。祝い事や弔事で、紐の「色」や「結び方」を使い分ける必要がある。
 日本では古くから、吉事には肉や魚介類などの生ものを神に捧げていた。江戸時代などには、長寿をもたらす縁起物として「のし鮑」が贈答品に添えられていた。しかし高価なあわびを熨斗紙のために使うことは難しい。そのため、現在は代用品として熨斗が飾りとして使われている。

 生ものを贈ることが、縁起を担ぐと考えられているので、熨斗は生ものの代用として付けられている。贈り物が生ものの場合は、熨斗をつける必要はない。贈り物そのものの縁起がいいからだ。

水引の種類と選び方

 熨斗紙の水引(紐部分)の結び方には、「花結び(蝶結び)」「結びきり」「あわじ結び」の3種類ある。お中元では「花結び(蝶結び)」を使用する

花結び(蝶結び)
 一度結んでも、ほどいて結びなおせる。何度でも繰り返せることから、何回もあってほしいという願いを込めて、お祝い事などに使われる。

 お中元で生ものを贈る場合は、熨斗を外すことがマナーだ。

 紐の色は赤白や、金赤などがよく使われる。

 使用例:お中元、お歳暮、内祝い、出産祝い、内祝いなど
結びきり
 固結びなので、一度結ぶとほどけない。やり直せないことから、2度と起きてほしくないという思いを込めて使われる。慶事でも弔事でもどちらでも使える。

 弔事に使う際は紐の色を白黒にしなければならない。

 使用例:婚礼、快気祝い、弔事など
わじ結び
 結びきりの一種。2度と起きてほしくないことに使われる。2つの輪がお互いに結び合っており、左右の紐を引っ張ると、より強く輪が結び合う。このことから、「末永くお付き合いしたい」という意味を込められる。

 弔事に使う際は、紐の色を白黒にしなければならない。

 使用例:婚礼、快気祝い、弔事など

熨斗紙の用意【表書きと名入れ】

 熨斗紙の表書きは、水引きの上に「御中元」と書く。水引の下には送り主の氏名を書く。

 お中元の時期を過ぎてしまった場合は、表書きを「暑中御見舞」か「残暑御見舞」として送ろう。目上の人には「暑中御伺」もしくは「残暑御伺」と書こう。

 「暑中御見舞」は立秋まで、「残暑御見舞」は立秋から8月末までしか送れないので注意しよう。

  また、ギフトを当年限りでしか贈るつもりがない場合、表書きは「御礼」と書こう。お中元は、毎年継続して贈るものだからだ。

 お中元の贈り主が、個人の場合、複数人の場合、会社員の場合で、名入れの方法が異なるので気をつけよう。

個人でお中元を贈る場合
 表書き:水引の上に「御中元」と書く。

 名入れ:水引をはさんで「御中元」の下に氏名を書く。
夫婦でお中元を贈る場合
 表書き:水引きの上に「御中元」と書く。

 名入れ:代表者の氏名を「御中元」の下に書く。代表者の名前の左に、配偶者の名前を書く。
複数人でお中元を贈る場合(2~3人)
 表書き:水引の上に「御中元」と書く。

 名入れ:代表者もしくは目上の人の氏名を、「御中元」の真下に書く。そして左に連名で送る人の氏名を書く。
複数人でお中元を贈る場合(4人以上)
 表書き:水引の上に「御中元」と書く。

 名入れ:「御中元」の下に代表者の氏名を書く。その左に、「外一同」と書く。全員の氏名は書かない。
会社員として送る場合
 表書き:水引の上に「御中元」と書く。

 名入れ:自分の氏名を「御中元」の下に書く。会社名は、氏名の右上に書く。氏名より、会社名の文字は小さく書く。

相手が喪中のときは?

 相手が喪中のときでも、お中元は贈っていい。お中元はお祝い事ではなく、「日頃の感謝の気持ちを表す行事」だからだ。

 喪中の相手にお中元を贈っても問題ないとはいえ、四十九日中にお中元を贈るのは避けよう。四十九日中は、遺族は何かと忙しく、気持ちの整理も追いついていない時期だ。マナーとしては問題がなくても、相手に負担を与えないために配慮が必要だ。

 喪中の相手にお中元を贈る場合は、水引や熨斗紙は用いない。無地の奉書紙(ほうしょし)や無地の短冊に「御中元」と書く。四十九日中でお中元の時期を逃してしまった場合は、時期に応じて「暑中御見舞」もしくは「残暑御見舞」と書こう。

お中元のお返しはお礼状でいい

 お中元を送っていない相手から、お中元が届いてしまった場合、返礼品は送らなくても問題はない。お中元は、贈り主が感謝に気持ちを示すために贈るものだからだ。

 しかし、「お中元が無事届きましたよ。ありがとうございます」という意味を込めて、お礼状を送るのは最低限のマナーだ。

 お中元をもらったら、すぐにお礼状を送ろう。品物でお返しをする場合は、品物にお礼状を添えてもいい。しかし、「品物を選んでいてお礼状を送ることも遅れてしまった……」ということにならないように、お礼状だけでもすぐに送るようにしよう。

 また、返礼品を贈るときは、熨斗紙を忘れずにつけること。熨斗紙の用意は、自分からお中元を贈るときと同じだ。

お礼状の書き方

 お礼状は、「時候の挨拶」「日頃の感謝の気持ち」「品物への感謝」「今後のおつきあいのお願い」「結びの言葉」で構成される。
 
 以下は上司と取引先へのお礼状の例文だ。お礼状の書き方に迷っている人は、ぜひ参考にしてほしい。

【例文】上司へのお礼状

  • 拝啓
    盛夏の候 ○○様におかれましてはますますのご清栄のこととお慶び申し上げます。
    平素は、格別のご厚情を賜り厚く御礼申し上げます。

    この度は、思いがけず結構な御品をお送りいただきまして、
    誠にありがとうございます。日頃、私の方が何かとお世話になっておりますのに、このようなお心遣い非常に恐縮しております。

    日頃のご厚情にお応えするべく、
    今後とも誠心誠意努めてまいりますので、
    ご指導ご鞭撻の程宜しくお願いいたします。

    末筆ではありますが、時節柄、○○様とご家族のご自愛ご健勝をお祈りし、
    略儀ながら書中をもってお礼申し上げます 。
    敬具

【例文】取引先へ会社として送るお礼状

  • 拝啓
    盛夏の候 貴社につきましてはますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。
    平素は、格別のご愛顧を賜わり厚く御礼申し上げます。

    この度は、思いがけず大変結構な御品をご恵贈賜りまして、
    誠にありがとうございます。

    弊社は、皆様のご厚志にお応えすべく、
    社業に全力を注いでまいりますので、
    今後ともご協力とご支援をお願いいたします。

    末筆ではございますが、
    皆様のますますのご健勝をお祈り申し上げます。
    本来であれば、直接お伺いするべきところ、
    大変失礼と存じてはおりますが、略儀ながら書中にて御礼申し上げます。
    敬具

【例文】上司へのお礼状:返礼品を贈る場合

  • 拝啓
    盛夏の候 ○○様におかれましてはますますのご清栄のこととお慶び申し上げます。
    平素は、格別のご厚情を賜り厚く御礼申し上げます。

    この度は、思いがけず結構な御品をお送りいただきまして、
    誠にありがとうございます。日頃、私の方が何かとお世話になっておりますのに、このようなお心遣い非常に恐縮しております。

    別便にて、心ばかりの品を送らせていただきますので、
    ご笑納いただけると幸いです。

    日頃のご厚情にお応えするべく、
    今後とも誠心誠意努めてまいりますので、
    ご指導ご鞭撻の程宜しくお願いいたします。

    末筆ではありますが、時節柄、○○様とご家族のご自愛ご健勝をお祈りし、
    略儀ながら書中をもってお礼申し上げます 。
    敬具

【例文】取引先へ会社として送るお礼状:返礼品を贈る場合

  • 拝啓
    盛夏の候 貴社につきましてはますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。
    平素は、格別のご愛顧を賜わり厚く御礼申し上げます。

    この度は、思いがけず大変結構な御品をご恵贈賜りまして、
    誠にありがとうございます。

    心ばかりではございますが、
    別便にてお中元の品をお送り致しましたので
    ご笑納いただけると幸いです。

    弊社は、皆様のご厚志にお応えすべく、
    社業に全力を注いでまいりますので、
    今後ともご協力とご支援をお願いいたします。

    末筆ではございますが、
    皆様のますますのご健勝をお祈り申し上げます。
    本来であれば、直接お伺いするべきところ、
    大変失礼と存じてはおりますが、略儀ながら書中にて御礼申し上げます。
    敬具

【相手別】迷ったらコレ!おすすめお中元ギフト5選

 お中元の贈り物は、「相手のほしいもの」を選べば間違いない。

 両親や親しい友人などであれば、事前にお中元に何を贈るかなどのやりとりもできるだろう。しかし、上司や取引先など、相手によっては、好みや欲しいものがどうしてもわからず、聞くことも憚られる……という場合も多いだろう。

 そんな人のために、相手別のオススメのお中元ギフトを5つ紹介する。

家庭のある人・会社へのお中元:「ゼリーの詰め合わせ」

出典: Amazon.co.jp
 家庭のある人や、取引先の会社へのお中元を選ぶ際には「みんなで食べられるもの」を選ぶことが大切だ。みんなで食べられるものの中でも、スイーツの詰め合わせは、色々な味の中から、気軽に自分の食べたいものを選ぶことができる。また、子どもや女性受けもいい。

 スイーツの詰め合わせの中でも、ゼリーの詰め合わせを選ぶことをオススメする。7月、8月の猛暑の中で、清涼感のあるゼリーがお中元で送れば、相手に喜んでもらえること間違いなしだろう。

お酒をたしなむ人へのお中元:「お酒」

出典: Amazon.co.jp
 お酒をたしなむ人が、もらって嬉しいものはもちろんお酒だろう。お酒にも好みがあるので、本人へのさり気ないリサーチを忘れないように気をつけよう。

  普段自分では買わないような、特別感のあるお酒を選ぶと非常に喜ばれるだろう。高級感漂う金箔入りのお酒や、自分の地元名産のお酒などを選んでもいいだろう。

健康・美意識の高い人へのお中元:「フルーツビネガー」

出典: Amazon.co.jp
 健康に興味がある人や美意識が高い人には、フルーツビネガーを贈ろう。フルーツビネガーは健康や美容に効果があり、バリエーションも豊かだ。また、日持ちもするので、「すぐに消費しなきゃ」と相手を焦らせることもない。

 フルーツビネガーは、さっぱりしていて、暑い中でも飲みやすい。健康・美容意識が高い人へのお中元におすすめだ。

年配の人へのお中元:「名店グルメ」

出典: Amazon.co.jp
 年配の人へのお中元は、老舗や名店のグルメがおすすめだ。「おっ」と思わせるような名品を贈れば、体力が落ちやすい夏でも、食欲が自然に湧いてくるのではないか。

どうしても迷う場合は……:「カタログギフト」

出典: Amazon.co.jp
 どうしても迷ってしまう場合、絶対に失敗したくない場合は、カタログギフトを贈るのもいい。

 カタログギフトであれば、相手が直接、そのカタログの中から欲しいものを注文できる。「好みに合わないものを贈ってしまった」という事態を回避することができるのだ。

 しかし、カタログギフトを贈ることは、贈り物を選ぶ手間を省いた「手抜き」の印象を与えることもある。目上の人には、カタログギフトを贈るのは避けたほうがいいかもしれない。


 お世話になった人に感謝の気持ちを伝えるお中元の挨拶。せっかく感謝の気持ち込めて贈り物を選んだとしても、マナー違反をしてしまっては台無しだ。お中元を贈る際は、この記事を参考に、時期や熨斗のマナーを細かく確認し、相手に気持ちよくお中元を受け取ってもらえるように配慮しよう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する