1. ちょっとした心掛けで好印象!身だしなみで第一印象を良くするためのポイント

ちょっとした心掛けで好印象!身だしなみで第一印象を良くするためのポイント

by 阿毛头 Amaotou
 好印象の人とともに仕事をするのは気持ちが良いものです。好印象を与える人は、皆それぞれ共通点があります。今回は、身だしなみで第一印象を良くするにはどのような点に気をつければ良いのかについて見ていきましょう。

1. 髪型で好印象を与える

 まずは髪型です。人はまず相手の顔をみて人となりを判断しようとします。顔がキリッと知的に見えることは重要なポイントです。第一印象で好印象を与えるために男性も女性も共通しているのは、両目がきちんと見えてるということです。

 女性なら髪を束ねる人もいるでしょうが、後れ毛だらけではかえって印象が悪くなります。黒髪をきっちり纏めていたり、飛び出た髪が無かったりすることは、些細な事ですが第一印象を左右する重要なポイントです。

 男性の場合は、前髪やもみあげが長すぎたり、耳が完全に隠れていたり、髪の色が茶色過ぎたりするのは好印象を与えません。髪型は誠実に見える長さ、色、髪型を心がけることが大切です。

2. 目元・口元で好印象を与える

 次に目元・口元です。化粧をバッチリ決めるということではありません。もちろん身だしなみとして、女性ならお化粧をし、男性ならヒゲを剃ることは最低限必要なことですが、あくまでも柔らかい表情を作るというのを意識しましょう。

3. 服装と姿勢で好印象を与える

 最後に、服装と姿勢です。同じようなビジネス向けの服装なのに、身だしなみ一つで印象が全く変わってしまいます。第一印象で好印象を与えるにはサイズが自分の体に合っていること。これはとても大切な要素です。

 そして、もう一つの決め手が姿勢です。どうしても背筋と首筋がきちっと伸ばせない人もいます。よく、背筋を伸ばすことは気をつけますが、首筋を伸ばすことも非常に重要です。顎を上げてはいけません。背筋・首筋を伸ばし、顎を引く姿勢が知的で誠実な第一印象を与えるのです。


 以上のように、3つのポイントを押さえて身だしなみを気をつけることで第一印象が格段に変わります。「第一印象で自分をどう見せたか」をはっきりと意識した身だしなみを心掛けましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する