1. アフターフォローの仕方で周りの評価は変わる!仕事で失敗した時の責任の取り方

アフターフォローの仕方で周りの評価は変わる!仕事で失敗した時の責任の取り方

by Daniele Zedda
 もしあなたが仕事で失敗をしてしまったら、仕事を任された人間として責任を取らなければいけません。会社はあなたの能力を信用して仕事を任せているのですから、どのような形であっても何らかの方法で責任を取らなければ、仕事のけじめをつけることができませんし、周囲に対して示しがつきません。

 責任を取る覚悟ができたとしても、どのような責任の取り方がふさわしいのかがわからなければ責任を取ることは不可能です。今回は、仕事で失敗してしまった時の適切な責任の取り方について解説します。

1. 決して先走らない

 責任の取り方を考える時にまず最初に考えておかなければいけないのが、決して先走った行動をしてはいけないということです。責任感の強い人ほど自分であれこれと考えて責任を取ろうとしがちですが、どのような形で責任を取るのがふさわしいのかはケースによって異なります。

 自分の考えた責任の取り方が正しい方法とは限りません。責任を取って辞めることが現場の放棄になってしまうこともありますし、場合によってはそのまま仕事を続けることが責任を果たすことになるケースも考えられます。

2. 上司などの指示を仰ぐ

 自分の勝手な判断で責任の取り方を決めてしまうことは、責任のある態度とは言えません。むしろ責任を放棄する結果になってしまうこともありますから、必ず上司や責任者に仕事で失敗したことを報告し、責任の取り方については指示に従いましょう。くれぐれも自分勝手な判断で行動することは慎んでください。

3. 原因を明らかにする

 本人に何らかの処分が下されることは覚悟しておく必要がありますが、仕事に携わる人間としては処分を受け入れるだけが責任の取り方ではありません。どのような原因によって仕事で失敗してしまったのかを明らかにしておかなければ、再び同じような失敗が繰り返されてしまう恐れがあります。

 失敗の原因と対処法を明確にしておけば、自分に下される処分の軽減も期待できます。重要なのは起きてしまった失敗を悔やむことではなく、失敗を貴重な経験として今度の仕事に生かそうという姿勢です。


 仕事で失敗してしまうことは誰にでもあることであり、過剰に落ち込む必要はありません。重要なのは失敗してしまった時の責任の取り方です。きちんと責任を取ることができなければ、周囲からの信頼を失ってしまいます。取るべき責任はきちんと取って今度の仕事に生かしていきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する