1. 自分の殻を破りたい!「いつもの仕事」に対するマインドセットを変えるための3つの方法

自分の殻を破りたい!「いつもの仕事」に対するマインドセットを変えるための3つの方法

by Non sked pilot
 「仕事の成果をより高めたい」「もっと効率的に仕事を進めたい」こんな風に考えたことはありませんか?それにはマインドセットを変えることが有効な対応策になります。マインドセットとは言い換えれば”思考習慣”。「このところ仕事でのミスが増えている」「スランプから脱出したい」という人も、マインドセットを変える必要があると言っていいでしょう。今回は「いつもの仕事」に対するマインドセットを変えるための、3つの方法を紹介していきます。

【1】仕事に関する自己分析と自己評価

 マインドセットを変えるには、現状を知ることから始めなければなりません。マインドセットはつまり、毎日の仕事の習慣から身についてしまっている心理状態です。ですから仕事を向上・改善・成長させたいと考えるなら、「現状」を客観的に把握する必要があるのです。

 ここでは「いつもの仕事」をその対象にして話を進めます。「いつもの仕事」に対して、どういう取り組み方をしているのか。普段、改めてそんなことを考えたことはないでしょう。考えたことのないことを、考えるのです。毎日自分はその仕事をする際に、どんな準備をし、どんな段取りを組み、どんな進め方をし、どんなチェックをした上で、仕上げているのか。一度客観的に分析し、評価してみましょう。

 おそらく、最初にその仕事をレクチャーされた方法をベースに、それに少しだけ自分の工夫を加えて仕事をこなしているに違いありません。要するに「この仕事はこのようにやるものなのだ」という思い込みが、身にしみてしまっているのです。分析、評価をすれば「改善方法はいくらでもある」ということに気づくはず。マインドセットを変えるための、それが前提になります。

【2】「他」からの情報収集

 自己分析と評価ができたら、「他」からの情報を収集しましょう。同じ部署内の人はどんな風に仕事に取り組み、進めているのか。同僚や先輩、ときには後輩や部下の仕事ぶりを観察することによって、「ああいうやり方もあるのか」ということが見えてきます。

 これは、身についたマインドセットを「他」からの情報によって解きほぐし、刺激を与える。先入観に汚れた「目」を洗いなおす方法です。ビジネス関連の書籍や、マインドセットに関する書籍を読むのも、有効な方法。それらも「他」からの情報収集と言っていいでしょう。

【3】小さなことを変えてみる

 次は実践。マインドセットを変えるのは、実はなかなか難しいことです。人間、一度頭の中で完成されてしまった思考様式を変更するのは、容易なことではありません。

 ですから、まずは小さなことから変えてみること。「いつもの仕事」の段取りをちょっと変えてみる。いつもは午後にやっている仕事を、朝イチに回してみるといった、小さなことから始めてみましょう。小さな行動が積み重なって、最終的にマインドセットを変えることにつながるのです。

 頭の中で「マインドセットを変えよう」と思っても、実現は困難。思考のパターンを変えるには、身近な小さな行動変更から始めるしか、方法はありません。小さな行動変更のもたらす「小さな気づき」が、マインドセットを変えるきっかけになるのです。



 いかがでしたか?仕事の質を高めたり、スランプを脱したいと思う方は、今までの仕事スタイルを改善させる必要があるみたいですね。そしてそのためにはマインドセットを変えることが必要。今までの思考パターンを変えることは難しいですが、まずは一度自分自身を分析・評価するところから始めてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する