1. 関東と関西では贈る時期が違うって知っていますか?地域別に見るお中元の時期

関東と関西では贈る時期が違うって知っていますか?地域別に見るお中元の時期

  • 1383views
  • 0fav

 この時期になってくるとビジネスマンの中で話題になるものに、「お中元」が挙げられます。お中元に関しては様々な疑問が生まれてくることでしょう。しかし、それくらい一般常識と言われてしまうのでは…と人に聞くことを躊躇してしまう人は多くいますね。ここでは、お中元の基本的な知識の一つである「時期」に注目していきます。

お中元を贈る時期って?

いわゆる「お中元シーズン」とされるのは、6月初旬からお盆までの約2ヶ月間です。地域によって時期に差がありますが、一般的には7月初旬から8月初旬までとなります。

出典: お中元とお歳暮の違い|大丸松坂屋
 上記を見たところによると、お中元のシーズンって長いなと感じませんか?それと同時に、 「季節によって時期に差がありますが」という所が気になりますよね。お中元を贈ろうと考えた場合、その相手の住む地域によって贈るべき時期が違っています。

地域によって時期が違っている…

 地域によってお中元を贈るべき時期が違うということがわかりましたね。もしこの時期を間違えてしまった場合、「常識がない人だな」と思われてしまい、上司や取引先からのイメージダウンにつながってしまうかもしれません。そんな事態を避ける為に、地域ごとの最適な時期を以下で見ていきましょう。

お中元を贈るべき時期はコレ!

 ここでは、常識ある社会人として日頃の感謝の気持ちを伝えるために、お中元を贈るべき時期について紹介していきます。

お中元を贈る時期については、東日本では7月の初め~15日まで、西日本では8月初め~15日までとされている。

出典: http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A4%AA%C3%E6%B8%B5
 お中元を贈る最適な時期はおおまかに言うと上記の通りです。しかし、こんなに大雑把だと本当に合っているか不安になってしまうという人もいるでしょう。では、もっと細かく分けて最適な時期を見ていきましょう。

7月始め〜15日の地域 

 東北・関東・北陸(金沢など)

8月初め〜15日の地域

 北海道・北陸(能登など)・関西・中国・四国・九州

 地域によって差があるということが一目瞭然ですね。しかし、最近ではデパートのお中元商戦の開始の時期やサービスの変化によって、差が徐々になくなってきているのが現状です。

なんで違うの?

 地域によってお中元を贈る時期に差があるということを説明してきました。その説明は理解出来たけど何か腑に落ちないという人は多くいるでしょう。その原因は、なぜ地域によって差があるのかという疑問ですよね。ここでは、そんなモヤモヤを解消してしまいましょう。

古代中国には道教の天神信仰があり、上元(1月15日)、中元(7月15日)、下元(10月15日)の三元の日に天神を奉ったことが起源である。これらが、日本に伝わり仏に供えるお供物を親戚や隣近所に贈る習慣となった。現在は、先祖へのお供とお世話になった方々への贈り物を送る風習が残っている。

出典: お中元、お歳暮のマナーと知識
 そもそも、お中元というのは7月15日に行なわれていた行事に由来しています。そのため、7月15日までという地域が多く存在しています。

 では、なぜそれが地域によって1ヶ月程違っているのでしょうか。その答えは、地域によって旧暦と新暦の採用に違いがあるためです。旧暦と新暦は大体1ヶ月ずれているということが分かれば納得がいきませんか?


 お中元を贈るべき時期の違いは良くわかりましたか?その違いをしっかり把握していないと常識のないビジネスマンであると見なされてしまうかもしれません。上記の知識をしっかりと頭に入れ、日頃の感謝の気持ちを最大限に伝えてみてはいかがでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する