1. 2つの違いが分かりますか?これを読むだけでスッキリ【お歳暮とお中元の違い】

2つの違いが分かりますか?これを読むだけでスッキリ【お歳暮とお中元の違い】

  • 1715views
  • 0fav

 この時期になってビジネスマンが考える行事と言えば何があるでしょうか?ここで取りあげたい行事はズバリ、「お中元」です。お中元を考える時に、「あれ?お中元とお歳暮の違いって何だろう」と気になってしまう人も少なくないでしょう。そんなあなたのために、今回はお中元とお歳暮の違いについて解説していきます。

一体何が違うの?

 お中元とお歳暮。その両者には一体どのような違いがあるのでしょうか。具体的には4つの違いがあります。その4つとは、由来・時期・金額・重要度です。では、以下でお中元とお歳暮の4つの違いを解説していきましょう。

お中元とお歳暮の由来 

 これさえ知っておけば全ての違いが分かると言っても過言ではないというのが、この「由来」です。先ほど、4つの違いがあると言いましたね。でも実は4つの内のほとんどがこの由来に関連しているのです。

お中元

古代中国には道教の天神信仰があり、上元(1月15日)、中元(7月15日)、下元(10月15日)の三元の日に天神を奉ったことが起源である。

出典:お中元、お歳暮のマナーと知識
 実はこの「お中元」という名前は具体的な日にちから由来したものだったのです。この中元には、自分がした罪を償うための日という意味が込められていたのですが、それが現在ではお世話になった人に感謝の気持ちを贈るという意味に変わっていきました。

 これだけを読んでみて、「飛躍しすぎじゃない?」と気になった人もいますよね。ではもう少しだけ詳しくお話ししていきますね。

室町時代になると、お盆の行事が死者を迎えて、その魂を供養するのに対し、お中元の行事は「生身玉」あるいは「御めでた事」と呼ばれ、「今生きている事を喜ぶ」「無事を祝う」という、生きている人のための行事に変わっていきます。

出典:お中元の起源と歴史~なぜ中元に贈り物をするの?: 今日は何の日 ...
 昔は、中元と同時にお盆の由来となる行事である「盂蘭盆会」が同時期に行なわれていました。その両者が離れて、それぞれの目的がはっきりしていき、その結果お中元が感謝をしている人に贈り物を贈る行事へと変化していったのです。

お歳暮

歳暮は、元来新年に年神へ供える物品を、年の暮れに本家や家元に持っていく行事でした。

出典:お中元とお歳暮|日本文化いろは事典
 お歳暮と言えば年の終わりというイメージが強い現在の日本では、この由来は驚きだったかもしれませんね。私たちは、1年の感謝という意味でお歳暮を贈ります。しかし、昔はこれからの未来に向けた贈り物だったのです。少し余談になりますが、過去を見るのではなく未来を見据える姿勢、これは私たちに欠けてしまっているものかもしれませんね。

時期が違う!

 では、次にお中元とお歳暮を贈る時期の違いについて紹介していきましょう。これまでに、その2つの由来を解説しましたね。それが頭に入っていれば理解は簡単です。

お中元

お中元を贈る時期については、東日本では7月の初め~15日まで、西日本では8月初め~15日までとされている。しかし最近では、地方に関係なく7月の中頃までに贈るのが一般的になりつつあるようだ。

出典:http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A4%AA%C3%E6%B8%B5
 お中元の名前が7月15日であると説明した事からも納得がいきますよね。しかし、気をつけてほしいのは、地域によって贈る時期が異なっているということです。なぜなら、関東は新暦を採用し関西は旧暦を採用しているからです。新暦と旧暦は約1ヶ月の違いがあるということを考慮すると疑問がスッキリしてきませんか?

お歳暮

12月1日~12月23日頃(お中元のような正確な時期はない)
鮮魚などのお正月用品を送るなら12月28日くらい。

出典:お中元、お歳暮のマナーと知識
 お歳暮が現在、1年間お世話になった人に贈るものであるということを考えるとその年の終わりに贈り物をするといことが納得できますね。

お金に関するチガイ

 時期がはっきりしたら、その次に気になってくるのは私たちの生活に直接関わってくる「お金」に関することでしょう。ここでは、お中元とお歳暮の金額の違いに注目していきましょう。

お中元

3000円~10000円程度(自分の収入や相手との関係から判断する)

出典:お中元、お歳暮のマナーと知識

 お歳暮

3000円~15000円程度(自分の収入や相手との関係から判断する、お中元よりも2割増程度が一般的)

出典:お中元、お歳暮のマナーと知識
 少しだけ、金額が異なっているということが分かりますね。相手と自分の負担を考えるという点は共通していますが、お歳暮はお中元の2割程度多いのが理想です。

 なぜこのような差が生じてくるかというと、それは両者の重要度の違いが関係しています。お歳暮は1年の感謝を示すものです。そのため世間では、お中元を贈った場合はお歳暮も贈るけど、どちらか一方を省く場合はお中元を省くという人が多くいます。つまり、重要度で言うとお歳暮の方が高いということです。その結果、重要度の高いお歳暮の金額の方が高くなるというメカニズムです。

感謝するという共通点

 これまで、お中元とお歳暮の違いについて紹介してきました。しかし、この両者には共通点もあります。それは、どちらとも「いつもお世話になっている人に感謝する」という目的があるという点です。そこの一番大切な軸はぶらさないようにしてくださいね。


 仕事をしていく上で様々な人と出会うのがビジネスパーソンです。いつも助けてもらっていたりしていますよね。そんな上司や先輩、さらには自分を支えてくれている親戚に感謝の気持ちを伝えてみてはいかがですか?

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する