1. 【眠気を吹き飛ばせ!】仕事中の居眠り対策に有効な三つの方法

【眠気を吹き飛ばせ!】仕事中の居眠り対策に有効な三つの方法

by karitsu
 「寝ちゃだめだ...寝ちゃだめだ...」と思いつつも、ついつい誘惑に抗えずにやってしまうのが仕事中の居眠りです。周りに気付かれないうちに居眠りから目覚めることができればまだしも、居眠りしている姿を上司に見られでもしたら、勤務評定に大きく影響してしまいます。抗いがたい居眠りへの誘惑を断ち切るためにはどうすればいいのでしょうか。今回は、仕事中の居眠り対策を考える際に必要な方法について解説します。

【1】居眠り対策は生活リズムの改善から

 居眠りの一番の原因は、生活リズムの乱れによる睡眠不足です。普段の生活で十分な睡眠時間が確保できていれば、仕事中に睡魔に襲われることはありません。睡眠時間が不足しているから仕事の疲労が回復せずに、本来眠ってはいけない仕事の時間に居眠りの欲求に襲われてしまうのです。

 仕事の居眠り対策の基本中の基本となるのが、生活リズムの改善による睡眠時間の確保。夜遅くまで起きていればそれだけ睡眠時間は短くなってしまいますし、朝スッキリと目覚めることもできなくなってしまいます。まずは生活リズムを改善し、一日の疲労を回復するのに必要な睡眠時間をきっちりと確保することが重要です。

 健康な成人であれば、少なくとも6時間~8時間程度の睡眠時間が確保できなければ、肉体の疲労を回復させることはできません。睡眠時間が短ければ、それだけ居眠りの可能性は高くなってしまいます。生活リズムを改善して、日中の居眠りを防ぐことが重要です。

【2】日光を浴びる

 十分な睡眠時間を確保していても、天気の良い日はどうしても居眠りしたくなってしまうものです。お天気の居眠り対策には、日光を浴びる方法が有効です。人間の体は日光を浴びると目が覚めるという性質があり、日光浴をすることで目覚めに効果のある物質セロトニンが分泌されます。スッキリと目覚めることができますから、居眠りの欲求もどこかに吹き飛んでしまいます。

 眠気を感じたときには、一度デスクから離れ、窓際や外に出て日光を浴びるようにすると、健康的な居眠り対策になります。また、気分もリフレッシュできるので、その後の仕事をスッキリとした気分で取り組むことができるでしょう。

【3】冷たい刺激を与える

 眠気を吹き飛ばすのに効果的なのが、冷たい刺激です。冷たい飲み物を飲んだり冷水で顔を洗ったりすると、眠気をつかさどる神経が刺激されて目が覚め、居眠りしたいという気持ちをすっきりと改称することができます。

 冷たい飲み物を飲むときは、炭酸飲料がオススメです。冷たさに加えて炭酸の刺激が目覚めに効果を発揮し、居眠り対策に大きな効果をもたらします。

 冷たい外気を浴びるのも有効な方法です。寒い季節なら外の風に当たるだけでも眠気覚ましには効果的ですが、クーラーの冷気はあまり効果が期待できないので夏場は洗顔や飲み物で対処して下さい。


 仕事中、睡魔に襲われることは仕方がありませんが、その後の上司からの叱責を考えれば居眠りは避けたい事態です。人によって有効な対策は異なります。ここで紹介した方法を参考に自分にとって効果的な対策を見つけ出し、居眠りの誘惑から上手にのがれてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する

この記事の関連キーワード