1. ネガティブで悩んでいるあなたへ!誰でも簡単にポジティブシンキングになれる3つの方法

ネガティブで悩んでいるあなたへ!誰でも簡単にポジティブシンキングになれる3つの方法

by Symic
 仕事をする中で例えばミスをしてしまった場合、前向きに捉えることができず悩んでしまう・・・ということはありませんか?自身の性格がもともとネガティブな人は「物事をもっとポジティブに考えてみたい…」と思うことも多いと思います。 

 仕事においてもポジティブシンキングを取り入れることで、効率が良くなったり結果を出せるようになったりします。そんなメリットがたくさんあるポジティブシンキングに簡単になれる方法があるというのです。ネガティブなあなたも大丈夫!今回は、考え方をポジティブに切り替える方法について紹介していきます。

【1】周りの人を褒めてみる

 あなた自身がポジティブになる為には、まず周りの方を明るい気持ちに変えてみることが1つの方法です。褒められて嫌な人はほとんどいません。何かを手伝ってもらったら、『◯◯さんのおかげで助かりました!』『いつも仕事が正確で、しかも早くて尊敬しています!』など仕事面で褒めてみたり、洋服や髪型、持ち物の変化を褒めるのもとても良いと思います。そうやって周りの方を褒めることで、脳はあなた自身を褒めているという認識をするように出来ているのです。そしてそれはあなた自身がどんどん気持ちいい状態、すなわちポジティブになっていくことにつながります。

 また周りの方もあなたへの印象が大変良くなり、コミュニケーションがとても取りやすくなります。“鏡の法則”という言葉があるように、あなたが周りの方を褒めることで、逆にあなたが褒めてもらえるケースも増えるでしょう。このように褒める事を続けていけば、自ずとポジティブシンキングになっていけるはずです。

【2】発想の転換をしてみる

 ネガティブに考えがちな方の特徴として、“どうせ自分はダメだ”“やっぱり今日も駄目だった”と、否定的に考える傾向があります。そんなときに発想の転換をしてみると、ポジティブ思考になっていくのです。

 “やっぱり駄目だった”と思ったときは、“なんで駄目だったのかな?”と、原因を考えて追求する方に。“やっぱり駄目だった”のときは、“次は大丈夫!”今のは駄目だったけど、次に繋がる失敗だ”と発想を変えてみましょう。

 前向きに考えるように発想を変えていけば、だんだんとポジティブシンキングになっていきますよ。頭の中から否定言葉を取っ払ってみるように心がけることが、ポジティブへの一番の近道です。

【3】ネガティブにならなかった日にはご褒美を!

 ネガティブに考えてしまった回数を、自身でカウントしてみてください。毎日1つずつでも、ネガティブ思考に考えない数を減らしていくように、日々心がけてみましょう。そしてネガティブに全くならなかった日には、美味しいケーキやマッサージに行くなど、自分にご褒美をあげてみてください。そうやって日々「ポジティブになっていこう!」と意識すること、努力することで、性格改善はできるのです。



 いかがでしたか?性格を改善していくというのは難しいことで、明日からすぐにポジティブ!となれる人はいないと思います。なのでゆっくり気長に、自分に合ったペースで少しずつポジティブシンキングになってきけるように、日々の生活の中で意識してみてくださいね。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する