1. 未来を見通す力をつけよう!先見性を養うための3つの方法

未来を見通す力をつけよう!先見性を養うための3つの方法

by Rodrigo_Soldon
 不確実性が日々高まる今、先見性を身につけていることは非常に重要なことです。では、その先見性を養うために日頃からできることには、どのようなことが挙げられるのでしょうか。今回は、先見性を養うためにどうすればいいのかについて紹介したいと思います。

1. 普段から過去に触れる

 まず、先見性を養うために日頃からできることとしては、普段から過去に触れてみることです。「歴史は繰り返す」と良く言われます。全てが繰り返される訳ではありませんが、その幾つかでも繰り返されると考えられるのなら、過去の歴史から多くを学べるはずです。どんな方法でも良いですが、人々がその時代をどう考え行動してきたのかを理解するよう努めると先見性を養うことができると思います。

2. 普段から未来にも触れてみる

 次にできることは、未来に触れてみることです。過去に触れるのとは違って、現実としてまだ起こっていない未来に触れるのは難しいかもしれません。しかし、ここでもサイエンスフィクションの本や映画などが非常に役に立ってきます。それらを通して、模擬的未来に触れることができるからです。こうしたことによっても、先見性を養うことができるでしょう。

3. 自分自身で考えてみる

 最後に先見性を養うためにできることは、自分自身で考えてみることです。上で挙げた過去と未来の情報が集まったら、今度は自分自身で色々と考えてみましょう。そして、ただ漠然的に物事を考えるのではなく、ある話題にテーマを絞ってその先行きを考えてみる訓練をすると良いと思います。

 こうして自分で考えることで、先見性はさらに養われます。先のことを考えるのに慣れるまでは、苦労するかもしれません。しかし、一回それに慣れてしまえば、その後は連想ゲームをするかのように自然に行なえるようになるのです。


 先見性を養うために日頃からできることには3つあり、これらを行うことで先見性を飛躍的に高められるはずです。そして、一度先見性を身につけてしまえば、それほど苦労することなく先のことが想像できるようになります。そうなってしまえば、不確実性が高まる世界に心配することも減るのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する