1. 【ネガティブで悩んでいる方に朗報!】ビジネスで活かせるネガティブシンキングのメリットとは

【ネガティブで悩んでいる方に朗報!】ビジネスで活かせるネガティブシンキングのメリットとは

by jwerkman
 「ネガティブ」という言葉に対して、良いイメージを持っている方はあまりいないと思います。一般的にはポジティブシンキングが良いと考えられるケースが多いですが、実はネガティブシンキングにもメリットはたくさんあるのです。

 そしてビジネスにおいては、ネガティブシンキングが有利になる事も多いです。それは何故か?今回はマイナスのイメージで捉われがちなネガティブシンキングのビジネスにおけるメリットを紹介していきます。

【1】失敗する前の予防線をしっかり張れる人

 ポジティブな人は、課題が完成した時に、『これで大丈夫!』『絶対うまくいく!』と過信する傾向があります。それに対してネガティブな人は、『本当に大丈夫かな?』『ミスが無かったかどうか、もう一度チェックしておいた方が良いかな。』と最後まで心配する慎重な方が多いです。

 もちろん、時にはポジティブな方のように過信する事も必要です。でもそうやって最後まで自信が持てない方は、何度も資料をチェックしたり、あらゆる面で駄目だった時の対処法を考えておく、予防線を張れる人です。なので、ネガティブな方のほうが、実は仕事においてミスも少ないといえるのです。そういった点で、ネガティブは最大の強みとも言えるのです。

【2】ネガティブな人は成長しやすい

 あなたは仕事でミスをした時に“何で駄目だったんだろう”“どうして駄目だったんだろう”などと、くよくよ悩んでいたりしませんか?もっと楽観的に考えて、前向きに仕事に取りかかれたらどんなに楽だろうと、ネガティブ方であれば思った事があるはずです。

 しかし、そうやって自分自身の出来ない事をしっかり反省し、とことん落ち込んで悩むことが、成長の過程ではとても大切な事でもあるのです。しっかりそのミスを見つめ直す事で、同じ失敗をしない為の解決策を考えたり、また何故そのミスが起こってしまったかを、確実に把握する事が出来るのです。ネガティブ思考は、成長する上ではとても役に立つと言えるのです。

【3】ネガティブを共有しよう

 仕事においてネガティブ思考になってしまった時、周りの人が活き活きと仕事をしていると、“自分だけこんなに悩んでいるんじゃないか?”と、更に悲しい気持ちになる事はありませんか?

 でも、実はネガティブ思考の人は結構たくさんいます。ネットを見ていても、仕事で悩んでいる人からの投稿も非常に多く、また飲み会で仕事の愚痴というのは必ず出ますよね。なのであなたも、ネガティブに考えてしまった事を周りの方にぜひ話してみてください。そうする事で、周りの方との距離をグッと近づけるチャンスになるかもしれませんし、そこから仕事のヒントが生まれることだってあるのです。



 いかがでしょうか?悪く思われがちなネガティブシンキングですが、ビジネスの現場ではそのマイナス志向を活かして高い評価を得られそうですね。ネガティブということを自分の個性と捉えて、仕事で活かせるように気持ちを切り替えてみてくださいね。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する