1. 【読書効率をグーンとUP!】読書ノートを作成することで得られる効果

【読書効率をグーンとUP!】読書ノートを作成することで得られる効果

by Eduardo Loureiro
 趣味は読書という方も多いことでしょう。特にビジネスマンは自己啓発本やビジネス本をスキルアップのために読んでいる方が多いはず。しかし、読んでも時間が経ち、内容を忘れてしまってはせっかくの時間が無駄の泡となってしまいます。そんな時に読書ノートは、後々に思い返すため大変役に立ちます。今回は、読書ノートを作成することで得られる効果についてご紹介します。

【1】あなただけのノウハウまとめになる

 読書ノートは色々な書き方ができます。備忘録的に題名、日時等のみを書いても良いですが、きちんと内容の要約や感想を書くことによって、ただ単に読んでそれで終わりよりも理解度が増し、しっかり頭に残ります。

 また、文章を要約し留めておくと、欲しいときに欲しい情報だけを瞬時に抜き出せるだけでなく、文章構成力を養うことにもつながるでしょう。同じ本を繰り返し読むことは大切ですが、なかなか時間のないビジネスマンにとっては大変なことです。読書ノートを書くと、もう一度その本を読み返すよりははるかに時間の節約にもなります。読書ノートに要約して、自分だけのノウハウまとめを作りましょう。

【2】過去の自分を振り返えられる

 読書ノートに書くことによってインプットだけではなくアウトプットもできます。アウトプットのメリットは、ただ単に記憶への定着をするということだけではありません。そうやって繰り返し本に触れることによって、自分と本との関係性も深まってくるのです。

 同じ本でもその時の自分の境遇や感情などによっても感じ方が変わったり捉え方が変化するでしょう。時間がたてば受ける印象が変わったりもしますので、仕事で変化があったときや悩んだとき、過去の自分を振り返ってみるツールとして役立ててください。


 読書ノートを作成することで得られる効果について見てきました。読書で得た知識やスキルは活かしてこそ発揮されます。きっと、読書ノートはその軌跡になるはずです。ぜひ読書ノートを作るときの参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する